記事外注依頼は稼げるのか?実際に利用した感想と効果的な使い方

2019年10月11日

記事外注はアフィリエイトを続けていく中で誰もが一度は考える方法だと思います。私自身も100件以上記事外注を依頼したので、そのメリットやデメリットなどは理解できました。

折角お金を払って記事外注を頼む以上、まずは経験者が語る記事外注の効果的な利用方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

記事外注は稼げるのか

たくさんの本

結論を先に言うと

「答えはNO」

です。100件以上依頼しましたが、検索で上位表示される記事は1件もありませんでした。大体10万円くらいは記事外注で使ったと思います。そして記事依頼で使った10万円はそれらの記事では稼げていません。

もちろん狙ったキーワードが悪かったとか、自分自身が追加の情報をうまく挿入できていなかったとか、様々な要因があるとは思いますが、それでも記事外注を利用した感想はイマイチでした。

記事外注のメリット

それでも記事外注にはいくつかメリットがありました。例を挙げると

  • 自分が知らない内容を詳しく書いてくれる
  • ワンパターン化した自分の記事にない書き方が参考になる
  • 記事を書くのに疲れた時に効果的

など。実際結果が出ていないので物凄く良かったとまでは言いませんが、それでも上記のように少しは収穫があります。

記事を書くのに上手な人に同じようなテーマを何記事も書いてもらいましたが、結果的にはやはりどの記事も似たような構成になったのは、自分でも外注でもやはり同じことであることがわかりました。

結果しか求めていない人には参考にならないかもしれませんが、100件以上依頼した私自身が言えることは、

「記事は自分で書こう」

そしてちょっとしたプラスαを外注に書いてもらおうということです。まあこれでは元も子もないので、良かった点や効果的な利用方法を紹介していきます。

効果的な記事外注の利用方法

なのでこれから記事外注を考えている人の効果的な利用方法は

「口コミや感想を書いてもらう」

です。自分が利用したことのないサービスや商品、観光地などの口コミなら簡単に書いてもらえます。

仕事の依頼内容で

「~を使ったことがある人の感想を募集」

など、300~500文字ぐらいでまとめてもらうほうが文章を上手に書いてもらえる可能性もあがります。

そしてこの口コミやレビューなどを自分の記事に取り入れましょう。これで自分の主観的な記事と客観的な記事との構成で、より良い記事が完成すると思います。

記事外注を利用した感想

実際記事外注を何十人と依頼しましたが、下手な記事を書く人のほうが圧倒的に多かったです。まあ安く済ませたいがために、ランクが低いライターにも多く頼んだのも事実です。

プラチナライターにも頼んでみましたが、記事の構成自体などは悪くなかったのですが、気持ちを全く感じないまるで機械が入力したような文章だったので、結局その後利用することはありませんでした。

まあ依頼したのは1件だけだったので、もう2~3件頼んでみるべきだったのかもしれませんけどね。

そして絶対にコピペ禁止と書いて依頼しても、ネットで探してコピペして提出してくる強者も何人かいました・・・

こういう人がいるのでコピペチェックツールの利用は必須となります。

実際一番ひどかったのは、95%コピぺの文章を提出してきたのに、絶対にコピペしてないと言い張った人がいました。これにはあきれるばかりです。

それでも上手な記事を書く人も中にはいましたので、定期的にその人に仕事を依頼するようになったのも事実です。

なので記事外注を利用するには、

安くて上手に文章を書いてくれるまで、捨て金が必要ということです。

またコピぺ作業も依頼したことがあったのですが、多くの数を頼むとやはり精度が落ちて、結局は自分で直すはめにもなりました。

最初は依頼内容を正確に提出してきたので、信用してしまい途中から提出内容のチェックを怠った私自身にも原因があると言えばあるのですけどね・・・

利用したサービス

記事外注で私自身が実際に利用した、もしくは利用しようとしたサービスは

の3社です。どこも有名なところばかりですよね。

上記でも書いたように、記事外注を依頼するならちょっとした感想や口コミなどを書いてもらいましょう。金額はココナラが自由設定できるので、良いライターを見つけるまでココナラで探してみるといいでしょう。

それぞれの人のプロフィールに得意ジャンルなどが書かれているので、そこを必ず見て記事外注を依頼してください。

まとめ

以上が記事外注依頼は稼げるのか?実際に利用した感想と効果的な使い方でした。

やはり記事作成は自分でしっかり行いましょう。そして効果的に記事外注を利用するには

「ワンポイント記事を依頼」

するという結論が出ました。いわゆる感想や口コミなどですね。

文字数を書いてもらうほうが一見お得に感じたのですが、結果を考えるともっと要点を絞ったほうがいいということが見えた記事外注でした。

私と同じ失敗をしないようにしっかり記事外注を依頼してみましょう。

スポンサーリンク