ConoHaWingのWordPressかんたん移行の方法と何が簡単なのか検証

ConoHaWingは国内最速サーバーとして(2018/9月調べ)他社からレンタルサーバーの移行がどんどん増えているレンタルサーバーです。

ここではConoHaWingが推奨しているWordPressかんたん移行は本当に簡単なのか、何が簡単なのかを調べてみました。結局サーバーを移転したい人はたくさんいるのですが、その手間を考えると二の足を踏む人が多くいるのも事実です。

こここではエックスサーバーからConoHaWingへ変更した際の感想などをまとめてみましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

ConoHaWingの重要ポイント

ConoHaWing

ConoHa WINGのアピールポイントは

  • 国内最速(2018/9月調べ)
  • レンタルサーバー移行が簡単
  • 料金が日割り計算なので、やめたときまでの利用料金しか必要でない

という点です。逆に言えば使用期間がないので、お試し利用がないので確実に料金がかかります。1~2週間程度の利用で料金は500円は下回るので、まあ許容範囲とも言えますけどね。

ちなみにレンタルサーバーの移行で面倒な点は上から順に面倒な点を挙げると

  1. FTPソフトの使い方を覚えて画像や記事データを移行
  2. 移行先のレンタルサーバーの使い方を覚える点
  3. データベースのバックアップやインポート作業
  4. ネームサーバーの設定変更
  5. ドメインの移行手続き

などです。ConoHaWingのWordPressかんたん移行は、上記のどれを簡略してくれるのか調べてみました。まずはエックスサーバーから移行した方法を紹介していきます。

申し込み手順

ConoHaWingをまず申し込みます。


住所や名前などを申し込んだ後、画面が変わるので料金プランを選択します。ここではベーシックを選びました。

初期ドメインを入力します。ここは適当でいいです。最初に入力したら使うことはないです。

入力すると

サーバー作成が完了しました。
次はドメインを追加しましょう!
サーバー作成完了後、サーバー管理のドメインメニューから追加できます。

となります。はいを選択すると管理画面に切り替わります。

管理画面のサーバー管理ドメインをクリックします。画像赤矢印部分です。

サーバー管理

すると画面右上に +ドメインというボタンがあるのでクリックします。下記画像赤矢印

ドメイン追加

ドメイン追加 の欄に自分のブログのURLを入力します。無料独自SSLを利用している人や利用する人は、今ではなくネームサーバーを設定してから利用するを選びましょう。

成功すると

ドメインを追加しました。となります。簡単なのはここまででした。

次からは少し複雑になります。

DNSのレコード設定

次はエックスサーバーのIPアドレスを確認します。

エックスサーバーのインフォパネルにログインして、サーバーパネルにもログインします。

  1. アカウントの列にあるサーバー情報を選択します。
  2. サーバー番号とホスト名の下にあるIPアドレスをコピーします。

続いてConoHaWingに戻りましょう。

左にあるメニューのDNSをクリックします。

DNS

タイプA(通常)の@の値をコピーします。ConoHaWingのIPアドレスです。そして後で戻すので控えておきましょう。 右端に鉛筆マークがあるので、そこをクリックすると編集できます。

名称が@とWWWのところの値を先ほどのエックスサーバーのIPアドレスに変更します。

次は左下のプラスマークをクリックします。下記赤矢印です。

追加アイコン

そして空白欄に

  • タイプA(通常)
  • 名称 *
  • TTL 3600
  • 値 エックスサーバーのIPアドレス

を入力して保存します。これでDNS設定は完了です。ここの設定は簡単ではなく難しいですね。

WordPressかんたん移行

続いて、サイトの設定を行いましょう。

アプリケーションインストールから「WordPressかんたん移行」をご利用いただくと、かんたんにWordPressのお乗り換えを行うことができます。

となるので、WordPressかんたん移行を利用します。

サイトの設定

移行元URLには自分のブログのURLを入力します。WWWありなしも設定しておきましょう。

移行元ユーザー名やパスワード、データベース名は自分で自由に決めて入力します。これらはすぐには使わないのですが、忘れるのでメモをとって保存しておきましょう。

ドメインのステータスが「構築中」と表示されるので「稼働中」になるまでは待つしかありません。1~3時間くらいは見ておきましょう。

きちんと移行できているかの確認は、基本設定にある動作確認URLの利用設定をONにすると仮のURLが出るので、そこで確認が可能です。

ネームサーバーの変更

次はネームサーバーの変更になります。

私はムームードメインを利用しているので、

ムームードメインにログインすると

  1. 左上のドメイン操作を選択
  2. ネームサーバー設定をクリック
  3. ConoHaWingへ移行するドメインのネームサーバー設定変更を選択
  4. GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する

ネームサーバ1から3に上記画像のように入力します。

  • ns-a1.conoha.io
  • ns-a2.conoha.io
  • ns-a3.conoha.io

そしてネームサーバー設定変更を押して終了です。

1日~3日はかかります。私は2日かかりました。この間は記事投稿や過去記事の編集などは出来ません。

ネームサーバーの反映が完了後

反映が出来たら記事をどこか編集して、反映されるかスマホなどで確認しましょう。私はスマホやSEOチェキなどで確認します。

SEOチェキに自分のブログのURLを入力し、チェックを押すと左下のサーバ・ドメインに下記画像が出ます。これでconohaに移行したかがわかりますが、記事編集をして確実に反映されるまでは、まだ反映は怪しいと思っておきましょう。

SEOチェキ

DNSのレコード設定を戻す

名称が@とWWWのところの値を先ほどのエックスサーバーのIPアドレスに変更します。

そして空白欄に

  • タイプA(通常)
  • 名称 *
  • TTL 3600
  • 値 エックスサーバーのIPアドレス

を入力して保存します。のエックスサーバーのIPアドレスを

タイプA(通常)の@の値をコピーします。ConoHaWingのIPアドレスです。そして後で戻すので控えておきましょう。

と書いたConoHaWingのIPアドレスに戻して終了です。

まとめ

以上がConoHa WINGのWordPressかんたん移行の方法と何が簡単なのか検証でした。結論を言うとかんたん移行は元のサーバーからのデータ移行を何もしなくていいという点です。要するに

WordPressかんたん移行の方法は、FTPソフトを使わなくていいのでデータ移行が簡単かつスピーディー!

ということです。記事冒頭で紹介した

  • FTPソフトの使い方を覚えて画像や記事データを移行
  • データベースのバックアップやインポート作業

という点が簡略化できるということです。ただしDNS設定の手間が追加されている点は簡単ではありませんでした。

なのでConoHaWingへ移行したほうがいい人は

  • たくさんの記事や画像があるブログ
  • データ移行に時間が割けない人
  • FTPソフトの使い方や設定が分からなくてデータ移行できない人
  • データベースを触りたくない人

などが適しているといえます。結論でいえばレンタルサーバーの移行作業は間違いなく国内最速だと思います。

肝心のサーバースピードはエックスサーバーとそこまで差はなかったです。これはお使いのテーマにも左右されます。

私は無料テーマCocoonを利用していますが、LIQUID PRESSLuxeritasに変えるとPageSpeed Insightsのスマホ表示は20前後改善されたので、テーマ選びは重要だということです。


ちなみにConoHaWing使用ブログは下記ブログです。

FXメイトです。ConoHaWingを本当に利用しているかどうかは、SEOチェキで確認してもらえれば、嘘でないとわかると思います。