副業の稼ぎやすさの基本を覚えよう!副業の道筋はたったの4手法

2019年9月15日

副業を始めるにあたって知っておきたいポイントは結構決まっています。どの副業にも言えることですが基本的な部分は等しいといえます。では何が基本なのか。どの副業にも言える共通点は何か、様々な副業を行ってきた私が調べた結果をここで紹介していきたいと思います。

これから副業を始める人は、確実に稼げる副業からいくら頑張っても稼画に副業があるということを知っておくべきです。労力=収入の図式が成立するのは一部の人だけですから、まずは副業の基本を押さえておきましょう。

スポンサーリンク

副業の基本

メモを書く
色々なブログで副業の種類が紹介されていると思いますが、結局のところ副業の基本は

物を売る
・広告収入を得る
・在宅で仕事をする
・投資

とこの4パターンしかありません。それ以外にもポイントサイトやアンケートサイト、モニタなど細かいお小遣い稼ぎがありますが、結局は副業と呼べるほどの収入にはなりません。軍資金稼ぎにはなるので、お小遣い稼ぎを全否定はしませんが、上記で上げた内容が副業のメインと呼ばれるものです。

お小遣い稼ぎは、せいぜい稼げても単月だけであったり数万円止まりだったりするから副業とは言えないでしょう。いわゆる続けても伸びしろがないというやつですね。

そしてこの中で注目したいのは、副業の中でも100%稼げるのは在宅で仕事をするという項目だけです。外で働くのはアルバイトとなり似てはいるのですが、ちょっと副業というニュアンスから離れているのでここでは割愛しています。

無論その他の副業は、サラリーマンの年収を月収で稼げる可能性はある夢のような内容ばかりですが、ほとんどの人が失敗するという認識で副業を始めています。なので失敗してもいいから可能性を追いかけたい人が、その他の副業を始めてみましょう。

それではもう少し詳しく下記で紹介ていきましょう。

物を売る副業

雑貨
物を売る副業は形があるものから、知識や経験などをアドバイスする形の無いものまでが該当します。これらを販売する方法が

・フリマアプリ(稼げる)

・スキル販売(稼ぎやすい)

・オークション(稼ぎやすい)

・せどり(稼ぎやすい)

・ネットショップ(稼げない)

・ホームページ販売(稼げない)

の6つに分かれます。稼げる 稼ぎやすい 稼げないの順番で、お金を稼ぐ難しさを表しています。

スキル販売以外は、いずれも安く商品を仕入れて高く売り、利益を上げてまた仕入れを行い販売を繰り返していきます。

どんな物を売るかと言えば、せどりは本などが多く フリマアプリは転売、 オークションはプレミアムがあるものを売るといったイメージになるでしょう。

ネットショップやホームページ販売は自社商品がそこに加わったりしますが、基本は転売がメインとなります。

成功のカギ

ではこの販売方法の違いは何でしょうか。

答えは集客にあたります。

ちなみに物を売る方法は、上から順に集客が容易な順番に並べています。

せどりの集客はAMAZONが主になり、フリマアプリはメルカリやラクマなど利用者が多いアプリを選びます。これによって一番難しい集客部分をカバーできるのです。

なので他の販売方法よりも手数料が高めになるのです。

ネットショップやホームページの集客はキーワード選定によるSEOがカギとなり、そう簡単には集客できません。なのでほとんどの人は楽天などの大手ショッピングモールに参加して集客部分を大手に任せます。

ホームページは自分で集客するしかないので、SEOの勉強が必要となるのです。(ここでは説明しません)

スキル販売とは、上記で紹介した形の無いものを売っていく副業です。知識や技術、相談や手段などを販売します。無論形があるものも販売可能です。

これらは成功すれば月収100万円 年収3,000万円など可能性は無限大です。しかし当然ですがほとんどの人が1円も稼げないのが現状です。売るものがある人、売りた人がある人商売に興味がある人が始めてみると良いでしょう。

参考記事

広告収入を得る

看板
広告収入ときてピンとくるのは

看板設置で広告料をもらう方法や、テレビのCMで広告を流すことで広告料をもらうといった具合でしょうか。いずれもスポンサーがいて広告を出すことでテレビ局や看板を設置させてもらっている地主さんに広告料を払っています。

これらは土地がないと出来ないですし、CMなどはTV局でないと現実的には不可能です。しかしネットでは主に3つの広告収入を得る方法があります。

それは

  • ブログ運営(稼ぎにくい)
  • 動画投稿(稼げない)
  • SNS(インスタグラムやフェイスブック)(稼げない)

など。これらは記事や動画を投稿することで読者を増やし、そこで表示された広告をクリックしたり、広告の商品を購入したり、広告の会員申し込みをしたりすることで収益となるのです。

聞いたことがあるかもしれませんが、これをアフィリエイトと言います。人気ブロガーやユーチューバーなどは、この広告収入を得るために日々努力をしているのです。

SNSなどでも同様のことが出来ますが、フォロワーが多いSNSではまれに企業から自社商品の使用した感想などを紹介してもらうことで広告収入を払ったりしています。

いずれも記事や動画の内容で集客するので、労力は多く見返りも多いのですが結果も出にくいので、継続して活動できる人が少ない分野と言えるでしょう。

最近では「いいね」をくれたくれないなどで問題になっていますし、フェイスブックからインスタグラムへと移行したようにSNSは変化が起きやすいので広告収入を狙うには、少しリスクが高いことを念頭に入れておきましょう。

この広告収入を得る方法も、運営がうまくいけばサラリーマンの年収が月収で稼げるようになる可能性があるのです。労力が苦にならない人、可能性を追いかけたい人が、これらの副業を行うと良いでしょう。

参考記事

在宅で仕事をする

ミシン
在宅で仕事をするのは、一昔前まで内職と呼ばれていましたが、現在はクラウドソーシングと言って企業が仕事と報酬を掲示して、利用者がその仕事と報酬を見て選ぶという働き方に変わってきました。クラウドワークスなどがその代表例ですね。

上記で紹介した副業との決定的な違いは

確実に稼げること

です。サラリーマン並みの収入を得るにはより多くの仕事を行わないといけませんが、上記で紹介した動画投稿や広告収入などは、かなり労力が必要で収入は全く比例しません。

比例するのは一部の優れたクリエィター達だけです。人を魅了させる動画づくりや、人を引き込む文章を書ける人たちが多くの報酬を得ることが出来るのです。

話はそれましたが、在宅で仕事をするには種類も多くありスキルが無くても、未経験者でも始めることは可能です。頑張った分収入は比例しますから、最初に行うべき副業はこの在宅で仕事をすることでしょう。

在宅の仕事は種類が多いので、誰でも始めることが可能です。パートに出れない主婦や学生まで誰でも参加しやすい副業と言えるでしょう。

参考記事

投資

チャート
投資は自己資金が必要となり、ハイリスクな副業の一つです。上記の副業と比較してもお金が無くなる可能性があるからです。

株式投資やFX、仮想通貨などが投資の代表例ですがほとんどの人が資金を一瞬で失って、終了しています。ゆえにかなり余剰資金がない人でないと行うべき副業でないと言えるでしょう。

自己資金は最低でも10万円くらいは必要です。

ただリスクが高い分、素人でも運が良ければその日から稼ぐことは可能です。なので今すぐお金を稼ぎたい人や結果を出したい人にはおすすめの副業と言えます。

それでは経験測から言って投資はやるべきかやらないべきかと聞かれたら

「やらないほうがいい」

です。大金が稼げても失敗して借金まみれになってもどちらも地獄に陥るからです。ハイリスクと言う点はお金だけでなく、精神状態のリスクもあるということを頭に入れておきましょう。

それでも夢を追いたい人は下記を読んで始めてみてください。

参考記事

まとめ

以上が副業の稼ぎやすさの基本を覚えよう!副業の道筋はたったの4手法でした。

次は軍資金を稼ぐためのお小遣い稼ぎの方法を紹介していきたいと思います。これらは上記副業を始めるための資金集めです。

副業まではいかないので、そこの認識は間違えないようにしてください。

スポンサーリンク