アイデアで稼ぐ方法&あなたのアイデアはここで売れ!

2019年9月15日

世の中アイデアはごまんと溢れているのに、それを活かす方法も少なく、ましてやお金に変える方法もあまりないのが昨今の世の中です。

それでも少しでも他人の知恵を借りたい人が多くいるのですから、何かしらお金を稼ぐ方法は存在します。ここではアイデアがあるのに、それを活かせない人のためにアイデアでお金を稼ぐ方法をいくつかピックアップしました。

スポンサーリンク

アイデアでお金を稼げるところ

電球
アイデアがあっても、その提供する場がなければお金を稼ぐことはできません。ネットでアイデアを売り込める媒体は

・クラウドソーシング
・スキル販売サイト
・動画
・ブログ

などがその代表的なアイデアでお金を稼げるところです。しかし動画やブログは、アイデアがすぐお金に結びつくというわけではないので、この中でいえば、クラウドソーシングやスキル販売サイトなどが、比較的稼ぎやすい媒体と言えます。

それではこれらがどのようなものか簡単に説明していきます。

クラウドソーシング

クラウドワークス

クラウドソーシングではアイデアを自分で提案するというよりは、企業が求めるアイデアに応募してお金を稼ぎます。なので報酬単価というものがあらかじめ決まっています。一攫千金でお金を稼ぐというより、地道にアイデアでコツコツとお金を稼いでいくという方法になります。

案件も多いので応募者も多いのが特徴的、そして誰にでもチャンスがあるという点でここクラウドソーシングはおすすめです。

代表的なクラウドソーシングは

など。アイデアだけでなくその他お仕事がそろっているので、自分の特技でお金を稼ぐことにチャレンジしてみましょう。

報酬例

気になる報酬金額の例です。固定報酬や時間単価、コンペなど様々な予算が決められています。応相談もあるので、アイデア次第では大きな報酬も期待できるでしょう。

会員登録にはメールアドレスが必要です。

スキル販売

ココナラ

アイデアというスキルを販売できるのがスキル販売サイトです。500円からの販売となっていますが、実績を積めば万単位の販売も可能です。

クラウドソーシングと違い、アイデアは自分で考えてそれが必要とする人が購入してくれます。高単価なアイデアを売るには実績と信頼が必要なので、最初は無料か低価格で地道に実績を積んでいきましょう。

代表的なスキル販売サイトは

など。アイデア以外も出品できますから、様々なサービスを出品しておくほうが、利用者の検索にもヒットしやすく、おすすめです。

出品例

上記はスキル販売サイトでのアイデアで出品している人の報酬例です。5,000円~60,000円など結構大きな金額で出品しています。

またPROと書いてある人は、上記で書いたスキル販売サイトで実績をしっかり積んだ人です。ここまでくれば信頼も高く安心度も上がるで、出品サービスが多少高くても売ることは可能です。

動画

youtube

動画で稼いでいる人は、ほぼ自作の動画をアイデアで作り出しています。そうはいっても大体動画作成のパターンは一緒で例を挙げると

  1. ゲーム攻略
  2. 珍しいものや新商品を使った動画
  3. おもちゃや、趣味の物品の使い方や感想
  4. 音楽や映画系
  5. ペットや子供、料理

などが基本です。これらもアイデアを出して制作していますから、ご自分のアイデアが動画で表現できるなら、動画サイトなどに投稿してみましょう。上記はライバルも多いのでお勧めできないカテゴリーとも言えます。

動画投稿の主な収入源は広告収入です。なので動画にアイデアを出して稼いでいくには

youtube 動画投稿サイト
グーグルアドセンス 広告を掲載する媒体

この二つの登録が必要となります。ちなみに私もペット動画を20本くらい投稿しましたが、4年で10万PVくらいしか視聴者は増やせませんでした。

それでも動画で多く稼いでいるユーチューバーは多くいます。稼ぎ方をもっと知りたいならスキル販売サイトにも動画での稼ぎ方などを売っていますから、購入してチャレンジしてみるといいと思います。

ブログ

PC
アイデアを箇条書きに書いたり、動画投稿したデータを貼ったり、SNSでフォロワーを増やしてブログに集客したりと、ブログはアイデア次第でいくらでも稼げるツールと言えます。

単純に言えばブログは記事を書いて読者を集める新聞みたいなものです。読者が増えることで上記で紹介した広告収入などで稼いでいきます。

また、グーグルアドセンスはクリックや視聴をしてもらうことで、広告収入を得るタイプですが、物品を購入したり申し込みをしたりして報酬を得る広告企業もあります。

上場企業のA8.netなどがその代表例ですから、無料ブログ機能も付いているので、お試しで始めるにはちょうどいいと思います。

ただし、動画やブログは集客まで時間が結構必要です。動画は投稿本数がかなり必要で、ブログは記事数がある程度必要ですから、1作2作程度の投稿ならスキル販売サイトで出品するほうが、稼ぎやすいと言えるでしょう。

その他の方法

アイデアで稼ぐその他の方法は

・スマホアプリの開発

・スイーツ開発

・便利グッズ

・コンサルタント

などが挙げられます。スマホアプリはアイデア次第で大きく稼げますが、アプリ開発の知識がないとできませんから、アプリを開発している企業などに依頼をしてみましょう。ちなみに大体外注に出すと費用は数百万円かかります。

有名な企業ではモンスターラボなど。技術がなくてもお金がある人はこういった企業に依頼してみましょう。

後はどこで売るかというより、まずは何を生み出すかのアイデアが先となります。

スイーツ開発は有名なところでは、マダムシンコのバウムクーヘンが有名で、たった一つのスイーツの大ヒットで豪邸を建てるほど儲かっています。二番煎じでスイーツを狙うのも面白いといえます。

ホームページの色もエグイ色で構成されていますから見る価値はあるでしょう。

また、コンビニなどもスイーツにはかなり力を入れていますしね。スイーツはかなりアイデアでチャンスがある分野と言えます。

またサービスエリアではお金を落とす人が多いのをご存知でしょうか。そうお土産などを作ってヒットさせれば、莫大な金額が稼げます。

流行ればネット販売も出来ますし、スーパーやデパートなどにも置いてもらえます。斬新なお土産を考えれば、ドル箱のように稼いでくれるでしょう。

便利グッズは世の中に溢れています。しかし100円均一の飛躍で便利グッズも真似をされてしまい、単価が低くなるばかりです。それでも大ヒット商品を生み出せば、契約次第で大金持ちになれるでしょう。

便利グッズが完成したらyoutubeなどに先にアップしておけば、どこかの企業などが声をかけてくれる確率が上がります。

コンサルタントは、まさにアイデアで企業などに相談するお仕事です。

例えば飲食チェーン店にアドバイスするコンサルタント、ドラッグストアやコンビニなどにアドバイスするコンサルタント。店舗数が多いので、一回依頼を受けて成功すれば長く稼ぐことが可能です。

後は何をコンサルタントするかは自分次第です。

まとめ

以上がアイデアで稼ぐ方法~あなたのアイデアはここで売れ!でした。

アイデアはどんなにいいものがあっても報われないのが事実ですが、何もしないと何も発生しません。上記で紹介した4つの方法をチャレンジしてみて、自分の可能性を広げてみましょう。

一番のおすすめはブログですが、手間も時間もかかりますので、時間がない人はクラウドソーシングやスキル販売サイト。時間がある人はブログや動画投稿でお金を稼ぐチャンスを掴みましょう。

スポンサーリンク