株式投資初心者でも始めやすいIPOの特徴と稼ぎ方

シェアお願いします!

読 者 数

今日の閲覧数 214人

昨日の閲覧者 1315人

累計読者数 95169人

スポンサーリンク

株式投資を始めるには、当然ですがそれなりに取引や仕組みなどの勉強が必要となってきます。勉強しながら株取引を始めるのにもよいですが、それでは勝ったり負けたりして取引の学習に集中できないことも多々あります。

一番メジャーな学習方法では、株式の口座を申し込んでいる間に、デモトレードでやり方や動きを学ぶ方法ですが、とりあえずその前に最初に始めてみたいのがIPOと呼ばれる投資で、初心者でも比較的稼ぎやすいと部類の一つと言われています。

ここではそのIPOの特徴を紹介していきますので、参考にしてみてください。それでも売買はあくまで自己責任なので、それを踏まえて読んでみて下さい。

IPOの特徴

チャート

IPOは「新規上場株式」のことですが、IPOの株式には他の株式にはない独自の魅力があります。それは、「値上がりしやすい」というものです。

毎年差はありますが、IPOの株式は8割が儲かると言われています。なぜIPOの株式は上昇するのでしょうか、ここでは上昇の理由から稼ぎ方などを紹介していきますので、参考にしてみてください。

IPOが上昇しやすい仕組み

IPOが上昇しやすい理由は、IPOという仕組みによる事と、IPOの株式が持つ特性が関係しています。まず、IPOの株式は多くの証券会社で「抽選」や「配分」という形でしか購入することができません。

これらは自分の意思や資金量でコントロールすることができないものです。IPOで買えなかったら、多くの投資家の方は諦めてしまうのでしょうか。

そうではありません。IPOで買えなかった、あるいは十分な株数が当たらなかったとなると、「上場後」にセカンダリー(上場後に購入すること)として、買いが集まります。上場案件ということで、市場の買いが一気に集まるため、爆発的に値段が上がりやすくなるのです。

また、新規に上場する銘柄というのは、少なくとも成長を続けてきた実力のある企業で、今後も有望な企業であると捉えられます。そのため、そんな会社がこれから上場するなら注目が集まるのは、当然の仕組みなのです。

IPOの始め方

IPOを始めるには、証券会社に口座を作らなければなりません。ただし、この時にポイントがあります。

IPOで利益をあげていこうと思ったら、「なるべくたくさん証券会社の口座を作る」ということが大切です。IPOは上場する会社が「主幹事」もしくは「幹事」に指定した証券会社にしか割り当てがありません。

割り当てがなければもちろん申し込むこともできないので、IPO株を買うことができません。また、「幹事」でも割り当てはありますが、「主幹事」の場合はさらに多くの割り当てがあります。

つまり、1社でも多く「主幹事」になっている回数の多い証券会社の口座を保有しているとことでIPO株式を手に入れやすくなるのです。また、各社配分の方針が違う点にも注意しましょう。

例えば「取引にかかわらず公平に抽選」というところもあれば、「取引金額によって当選確率が上がる」というところもあります。必ず証券会社のHPや規約などに明記してあるので確認するようにしておきましょう。

基本はIPO案件が多い証券会社を選ぶのが、当然のセオリーとも言えますから下記SBI証券がIPO数も多く人気がありますから、興味があれば始めてみてください。

PO(公募増資)との違いについて

高層ビル

IPOによく似た言葉で「PO」というものがあります。POとは日本語で「公募増資」や「株式の売り出し」を指します。つまり、「すでに上場している会社」が「新たに株式を発行する」「持っている株式を市場へ放出する」ということです。

新たな株式が市場に流通するのは、IPOと同じなので、こちらも値上がりが期待できそうですが、POの場合はIPOほど上手くはいきません。

もちろん大きく上がる銘柄もたくさんありますが、株数が増えるということを嫌って売りが増え、なかなか株価が上がらなかったり、大きく下がってしまうこともあります。

POはIPOに比べると比較的取りやすくなりますが、こちらはしっかりと銘柄を判断することが重要です。

IPOの稼ぎ方

話し合い
IPOで稼ぐ方法は、とにかく口座をたくさん作り、IPOの的中率をあげることが先決です。ですが、IPOだからといって何もかも申し込みをしていると、損をしてしまうことがあります。

どこの証券会社がおすすめかを見るには、下記で紹介されていますので、参考にしてみてください。

おすすめの証券会社を選ぶポイントを初心者向けに簡単比較

銘柄選びのポイント

一つの目安として、やみくもにIPOだからといって申し込むのではなく、業種や「市場からの吸収金額」に注目してみましょう。

例えば、マザーズジャスダックなどの規模の小さい市場で、大量の資金を集めようとすると、なかなか買いが集まらずに株価は伸びなやむことになります。

スポンサーリンク

反対に、東証一部に上場する案件で市場からの吸収金額が少ない、となれば少しの買いで値段は跳ね上がるので「優良案件である」と判断することができます。儲かる可能性が高いといっても、しっかりと申し込む銘柄についてはリサーチをすることで、より勝率をあげることができます。

また、売買のタイミングについてもIPOでは重要になってきます。IPOで購入した株式が実際に上場日を迎えて初値がつきます。このまま上昇しそうな気もするし、かなり上がっているので下がりそうな気もします。

この場合どうしたらよいのでしょうか。おすすめは「初値売り」です。IPOの株式は上場後に買っている人も多くいますが、その大半は「IPOだから」ということで買っている投資家なので、愛着があるわけではありません。

値段が上がればすぐに売られてしまう上に、上場直後の株式は値動きが軽いので、急落するリスクも非常に高くなります。初値がついた時点で利益が出ているなら、そこで利益を確定させたほうがこうしたリスクを回避できるため、よい判断といえるでしょう。

独自ルールを決めること

IPO取引の基本は上場日に利益を確定するのが、セオリーと言えるのですが人間欲が深いので、なかなかそれが出来ません。

基本は初日が高値で次の日から暴落して、そのあとさらに下がるか新しい高値を付けるかどちらかと言われています。

なのでIPO取引をする際に、あらかじめ独自ルールを決めておくことです。それによって勝率の高い取引がキープできるので、長く楽しくIPO取引を楽しむことが可能となります。

独自ルールの一例をあげると

  • 上場日に利確する
  • 利確したら次のIPOに申し込みをする
  • 上場日以外の利確パターンは、公募価格より少し上の価格まで下がったら利確する。

例えば公募価格が1,000円だった場合1,050円まで下がってきたら利確するなど。

と、たったこの三パターンだけを続けていくことで、IPOで成功する側のトレーダーの仲間入りをすることが可能です。

運悪く買った価格より下の価格でスタートすることも稀にありますが、そこは潔く諦めて利確するという勇気も必要と言えます。いわゆる切替が大事だということです。

要するに利確後はその案件の値動きを振り返らないことが肝要だということです。

上場日にすぐ上昇してどこかで利確することが必要ですが、大体株価の利確目安としては

公募価格が1,000円だった場合の利確目安

  • 公募価格の130% 1,200円台で利確
  • 公募価格の150% 1,400円台で利確
  • 公募価格の180% 1,700円台で利確
  • 公募価格の200% 1,900円台で利確
  • 公募価格の300% 2,700~2,900円台
  • 公募価格の500% 4,500~4,900円台で利確

とパーセンテージの少し前あたりが目安となるでしょう。

ここの見極めは難しいので、ロウソク足で見るか、個人の判断によるしかないと思います。それだけIPOの利確判断は難しいのです。

上場後の上がった例と下がった例

それでは、ここでは実際に上場した後に上がった例と下がった例を紹介していきます。チャートは株探から引用させていただいております。

まずは下がった例

誰もが知る、ゆうちょ銀行はここ10年で最大規模のIPOとして上場しましたが、公募価格は1,450円とまずまずの価格だったのですが、初日に付けた値が1,680円でその後1,806円が最も高い値となりその後暴落していきました。

下記がそのチャート例です。

ゆうちょ銀行チャート

初日で利確しておけば、およそ15.8%の利益ですから、欲張らなければまずまずの結果が得られたということです。もしそのまま置いておけば1,105円まで値が落ちていますから、損失が膨らんでいく苦しみを味わう毎日となっていたと言えます。

上がった例

レノバというIPO案件は、初日に1,130円ぐらいの初値を付けた後、大幅な上昇を続けました。カテゴリーとしては電気・ガスというあまりメジャーなジャンルではありませんでしたが、こういった結果をもたらすこともあります。

公募価格が750円でしたから、初値が1,130円前後でしたから初日で利確しておけば150%の利益が出たという計算になります。下記がレノバチャート例です。

レノバチャート

画像を見ると高値2,255円まで付けていますから、もし高値で売れているとおよそ300%。3倍の利益が出たという形になるのです。これは稀な例ですが、こういうIPO物件も運がよければ回ってきます。

しかしこういう夢ばかりを追いかけると、痛い目に合うのが株式取引なので、上記で紹介した独自ルールで運用していくほうが賢い選択と言えるでしょう。

まとめ

以上が、株式投資初心者でも始めやすいIPOの特徴と稼ぎ方でした。

とにかく成功するコツは欲張らずに早めに利確して次のIPOに申し込むことです。そして申し込むには資金が必要だということも忘れないでください。

IPOだけで勝負することが、一番株式取引で無難であり勝率が高い方法であることは知っておきましょう。公募価格より初値が下だった場合のみ運が悪かったと思うしかないですからね。

スポンサーリンク



シェアお願いします!

    厳選記事

    ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし…
    ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ…

    広告