絵を描いて稼ぐ!ネット販売で個人が稼げる時代を効果的に利用しよう

シェアお願いします!

読 者 数

今日の閲覧数 3035人

昨日の閲覧者 3253人

累計読者 2174729人

スポンサーリンク

今やほとんど目に見えるものは商品として販売できる時代になってきました。そんな中でもそろそろ脚光を浴びそうな絵画で勝負する人たち。

暇つぶしに主婦が書いた絵が数万円で購入された話もあるなど、上手であろうと下手であろうと、誰にでもチャンスがあるということが言えます。

絵画を販売するのも誰にでもチャンスがある

絵画
これこそ競合は激しく、明らかによい作品の基準もあやふやななかで単純に絵が上手であれば、目を引くことができる絵画の世界。絵の素人に販売するわけですから、一番大切なのはインパクトです。

書道でも同じことが言えるので、普通に書いた文字を販売したり水墨画などを紹介していくことも可能性があります。

いかに人と違う発想で勝負できるかが、稼ぐコツですが最初は人真似からはいるのが普通です。そしてそこからビジネスチャンスを考えましょう。

絵画を販売する方法

矢印 アートメーターで売る。ここは量り売りで買い取る変わった買取ショップです。レベルに応じて単価があがるので、ここで名前を売ってもよし。名を挙げてからここで売ってもよしという選択肢があります。

矢印 フリマアプリで売る

矢印 ネットオークションで売る

矢印 動画で紹介して売る

などいくつか方法があります。早い話高く売れればうれしいので、いずれもチャレンジしてみましょう。

その他の販売方法

無料でネットショップを初めて日本中の人に販売してみる。ネットショップは基本何でも販売できるので、絵だけでなくデザインや彫刻物、造形物やパソコンで作ったロゴマークなど売れるものはたくさんあります。

要するにやり方次第です。

運営がうまくいきだしたり、使い方を熟知したら有料に切り替えてみるのがおすすめの方法です。

無料でスタートできるネットショップ

などが挙げられます。

スポンサーリンク

後はちょっとしたデザインなどだけならワンコインで販売できるココナラという所もあります。

稼いで行くには、知名度を上げる事も大切なのでワンポイントデザインなどを500円で販売や、依頼があれば作成するなど、自分の意思を相手に伝えて販売できるところもあります。

オプションで10,000円など価格設定もできるので、そこはA3サイズでいくら、など自分で決めましょう。

それ以外ならハンドメイドショップminneがあり手作りなら何でもOKなので自分の絵画を販売してみましょう。

値段設定も自分で決めることが出来るので、とりあえずは品ぞろえを充実させた方が、たくさんの人の目についてチャンスは広がります。

以上が絵画を販売する方法です。とりあえず無料で開始できる物ばかり集めたのでチャレンジしてみましょう。

LINEスタンプが誰でも作れて、それがお小遣いや商売になる時代。こういった絵だけにとらわれずに、他のデザイン商品を販売しても面白いと思います。

世の中の絵画的ニーズをいくつか紹介

  • ホームページのデザイン
  • 同じく背景デザイン
  • アイコンのデザイン

無料素材が多くあるなかで有料素材でも十分ニーズがあります。絵が得意なら、筆だけではなくこういったものも視野にいれておきましょう。

一番簡単なのはスマフォカバーのデザインなど。suzuriなどはこういった商品やマグカップTシャツなどオリジナルデザインの販売が可能です。一度は見てみましょう。

一発ヒットさせれば、瞬く間に有名になり他のデザイン関係も売れ出します。なのでブログやホームページなども、それに備えて用意しておくことが大切です。

これだけで勝負!より枝をひろげて置くことが肝となります。固定観念は最大の敵です。

売れてからアクションをおこすには遅いので、まずは下地を作っておきましょう。 そうすればその下地から、販売が始まるかもしれません。

興味がありましたら初心者がはじめるブログの手順を読んでみましょう。

案外絵画でなくブログが流行ったりします。

アンテナは多いほど、電波は入りやすくなります。ゆえにひとつの方法だけではなく複数の媒体を持ってチャレンジしましょう。
絵画専門のネットショップを開いてもいいと思います。

友達が書いた絵も一緒に販売してあげれば、品揃えもジャンルも増えて客数UPに繋がることもあります。