初心者が仮想通貨で稼ぐ方法&リスクを知って適切なトレードを行おう

仮想通貨はその名の通り、実がない通貨で主にネットでの取引がメインとなります。一時ビットコインが急上昇して多くの人が稼ぎましたが、現在は尻すぼみ状態と言えます。

しかしそれでは稼げないのか?というわけでなくまだまだ仮想通貨で稼ぐことは可能です。

スポンサーリンク

仮想通貨で稼ぐ方法

仮想通貨

仮想通貨で稼ぐ方法は二つあり

現物取引で買いで取引 値上がりしたら売って差額で利益を得る
・信用取引やFX取引で高値で売って下がったら買い戻しをする
安値で買って上がったら売って利益を得る

の二つが主な稼ぎ方です。現物取引や信用取引で取引する点は、株式投資と似た取引内容となっています。レバレッジを利かせる点ではFXにも似ているので株式投資とFXを両方組み合わせた取引方法が出来るということですね。

要するに仮想通貨の売り買いの差額でお金を稼ぐということです。

その他の稼ぎ方では仮想通貨を毎月積み立てる方法とレンディングと呼ばれる、自分が保有している仮想通貨を貸し出すことによって利益を得る方法がありますが、どちらもあまり稼げないのでおすすめは出来ません。

相場が暴騰暴落した際のリスクを考えると、積み立てとレンディングは不安定な仮想通貨の値動きでは手を出すべき投資方法ではありません。

仮想通貨の種類

仮想通貨にも多くの種類があって、仮想通貨をこれから始める初心者はどの仮想通貨を選ぶかがポイントとなります。

数ある仮想通貨の例を挙げると

ビットコイン イーサリアム ネム リップル ライトコイン 

イーサクラシック ビットコインキャッシュ

など、現在取引が主流なのはビットコインなので仮想通貨取引の初心者がビットコインから始めるといいでしょう。主流な仮想通貨のほうが情報量も多く、のちに無くなるリスクも低くなります。

取引量が少ない仮想通貨は一攫千金も狙えますが、無くなるリスクも大きいという認識で取引を行いましょう。

要するにどうせ無くなってもいいお金でマイナーな仮想通貨は取引を行うべきで、大切な資産で取引するならばビットコインなどが妥当と言えます。そもそも大切な資産ならば取引しないほうが断然賢いですけどね。

実際の稼ぎ方

実際に稼ぐ方法は簡単に書くと二通りのパターンとなります。

安い仮想通貨を購入して何年も待って大きく値上がりしたら売る

これはまさに株式投資と同様の稼ぎ方です。株式投資も5年10年で5倍10倍上がる銘柄は数多くありますから、この手法をとる投資家が多くいます。しかし仮想通貨は値が激しく動きます。ゆえに株式投資よりも激しい値動きによる損失は大きくなるでしょう。

株式投資は会社が倒産すれば紙キレになります。仮想通貨も将来取引停止などの可能性もありますから、リスクは高い取引となります。また株式投資と違い仮想通貨は情報が少なく、急に無くなる可能性も否定できません。

この場合は資産が0になるので、あくまで余剰資金で取引を行いましょう。

チャートを見ながら取引をする

これは投資の基本です。チャートとは現在の仮想通貨が上昇中か下降中かもみあい(あまり値が動かない)を教えてくれるツールです。

下記はビットコインのチャートです。
ビットコインのチャート

赤枠の時期が下降トレンド 〇の部分で売れば儲かっています。

黄枠の時期が上昇トレンド 〇の部分で買っていれば儲かっています。

緑枠の時期がもみあいの時期 この期間で取引すると値があまり動かないので稼げません。むしろ積極的な売買を行うと損失を招いてしまいます。

こういった形でチャートは買うタイミング、売るタイミングを教えてくれますから、仮想通貨で稼ぐにはチャートの見方を学んでから始める必要があるということです。

仮想通貨の危険性

仮想通貨の危険性は投資初心者は良く学んでおくべきです。例を挙げると

・取引による損失
・サイバー攻撃による仮想通貨の流出による損失
・仮想通貨の大元の破綻や打ち切りによる損失

といった大きなリスクが存在します。将来的には数ある仮想通貨も限られて種類が減少すると思いますから、FXや株式投資と違い短期取引がおすすめと言えます。

TVで仮想通貨のコインチェック株式会社が顧客の仮想通貨を流出させて問題となった点はまだ記憶に新しいところです。サイバー攻撃にはまだ弱い仮想通貨ですから、信託保全が取られていない現状ではまだまだ他の投資と比べるとリスクの方が高い投資方法となります。

各ビットコイン業者の信託保全措置が取られるようになってからならば、しっかり資金を入金してトレードすると良いでしょう。それまでは少ない資金で取引を行いましょう。

まとめ

以上が初心者が仮想通貨で稼ぐ方法~リスクを知って適切なトレードを行おうでした。

仮想通貨はこれからの時代だという人もいれば、いずれ消滅するという人もいます。基本は投資目的ではなくてネットで現金の代わりに決済する目的で導入されましたから、投資で始めるにはかなりリスクが高い金融商品であることを認識して仮想通貨取引を始めてみましょう。

個人的には仮想通貨を行うぐらいなら株式投資やFXのほうがシステムがしっかりしておすすめです。

下記ブログなどで口座開設を考えてみてはいかがでしょうか。

株式取引手数料を比較!2019年版おすすめ証券会社口座開設情報 | FXメイト
景気も良くなり資金を少しでも増やしたいので、金融取引の代表格である株式投資を始めたいのだけど、どんな証券会社を選べばよいのかと考える人も多いと思います。 手数料が安いのが一番と言え...
2019年版おすすめFX会社16社の口座開設のポイント比較 | FXメイト
これからFX取引をする中で、新しく口座開設を考えている人、さらに口座を増やそうと考えている人のために各FX会社の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。 数あるFX企業...