コンビニ経営は儲かるのかその実態を聞いてきた

コンビニエンス経営はちょっとした独立を考えている人には魅力的に映りますが、実際のところ経営した場合に生活できるほどの収入を稼げるのかどうかが気になるところです。

ここでは実際にコンビニ経営の実態を実際に担当者に話を聞いたので紹介していきたいと思います。実際に資料を請求して、担当者と直接話をしたので、かなり信頼度は高いと言えます。

スポンサーリンク

コンビニの収入

コンビニ

結論から言うと

サラリーマンのほうが稼げます。

コンビニ経営をする際にはまず、土地があるかないかが最も収入を得られるかの分かれ目となっています。

土地がある場合は多少収入が増えますが、ない場合はコンビニエンスストアの企業に用意をしてもらい、そこから諸費用を引かれた分が自分の収入となるのです。

もちろん土地を借りても同じことです。

ちなみに建物代は3,000~5,000万円くらいで建築できるそうです。そしてコンビニの必須条件である駐車場は、広ければ広いほどいいのですが、舗装費用がその面積分かかるので、アスファルト代金なども馬鹿にならないそうです。

またコンビニ経営するには、奥さんとの家族経営が必須で、独身では難しいというお話もいただきました。

要するに友人同士が起業しても、サラリーマンの収入レベルを得ることもできないということです。

実際の収入の内訳は見せてもらいましたが、回収されたので簡単な記憶で書くと

日商50万円で土地なしの場合二人で月30~40万
日商50万円で土地ありの場合、二人で月70万円くらいが目安となります。

要するに好立地に土地があり、借金がない人でようやく普通の収入を得ることができるレベルということになるのです。

もちろんこれらの収入は、人件費や光熱費、家賃などは引かれた金額です。二人で30~40万なら割って計算すると一人15~20万円です。

そこから健康保険や所得税、住民税を引かれると残る金額は・・・わかりますよね。そして当然賞与もありません。

人件費がネック

また最近は好景気で人手不足ですから、忙しければ忙しいほど人が必要となります。それによって人件費が増えるため忙しければ収入が増えるかと言うと、そうでもなく結局人件費に持っていかれるそうです。

スポンサーリンク

日商80万くらいあれば、だいぶ収入が増えますが、近くにライバル店ができるとすぐ売り上げが下がります。そして人口が増えない限り売り上げが上がることはありません。

これがコンビニに恐ろしさです。結局競合が多いので、稼げるお店はごくわずかということです。

本気でコンビニで稼ぐには一つだけ方法があり、単店よりも2店舗目3店舗目までいけば、本部に徴収されるロイヤリティが2店舗以降下がるので、複数店の運営を考えている人にはチャンスがあります。

でも近くに競合がたくさんできれば、何の意味もありませんけどね。

裏事情も聴いてきました

某大手コンビニでは、なんと地域に一括で5店舗ぐらい新店のコンビニを作るそうです。そしてその中から売り上げの低い店を閉店して、収益性をアップするというやり方を取っていますから、自分の店が売り上げが低かったら契約解除になるそうです。

これでは夢も希望もありません。

良く見かけるのが道路の反対に同じコンビニを作るという非道なコンビニ大手。オーナーからすればまさに共食い状態です。

最近では24時間営業も辞めるなど話もでていますから、いかにコンビニが儲からないかが見えてくると思います。そもそも儲かってしょうがないなら、24時間営業をやめる必要もないですからね。

マクドナルドが24時間営業をやめつつあり、いずれ吉野家などの外食産業も24時間はなくなると思います。

それでもコンビニをやるよりかは、ライバルが少ない分稼げる可能性があるので、どうせ独立を考えているならコンビニ以外のフランチャイズを検討していましょう。


コンビニは出来すぎて、いずれ飽和状態になると思います。それならば吉野家やココイチなどを経営したほうが、競合が少ない分稼げる可能性が高いということです。

それでも24時間営業のフランチャイズは深夜がつらいので、やめたほうがいいですけどね。

まとめ

以上がコンビニ経営は稼げるのかその実態を聞いてきたでした。

実際聞いた話をまとめると、収入面以外は以外に良かったです。売上の保障や廃棄物の保証があったり、従業員の福利厚生やオーナー会議での意見交換などもあり内部事情は良かったと思います。

収入は気にしないという人や、あらかじめ土地を持っている人なら、コンビニ経営もおすすめできるお仕事と言えます。

土地がない人は、人の下で働くのは嫌だという人にはいいのかもしれません。実際に低収入でもコンビニ経営をしている人は多くいますからね。