個人宅の一室を観光客に貸し出す民泊で稼ぐためのメリットデメリット

シェアお願いします!

スポンサーリンク


読者数

今日の訪問者 483人

昨日の閲覧者 2715人

累計購読者数 4874人

日本政府は個人宅やマンションなどの一部屋を観光客に貸し出しする「民泊」サービスの規制緩和を検討することになりました。

アメリカなどでは、短期間の滞在のための宿泊先として民泊なる業態サービスはすでに色々行われてきて、遅れている日本も東京オリンピックが開催されることも視野にいれながら、こういったサービスが緩和される展開が考えられます。

空き室対策におすすめ

貸家
今や日本では、日本の人口よりマンションなどの部屋数が多いとされてきて、当然ながら空き室対策は大いに、大家さんたちの間で深刻な状況へと陥っています。

そんななかで、この民泊をスタートさせることで、どれくらい稼げるのか、またどのような費用が掛かるか参考にしてみてください。

対家賃で考える

やたら家賃が高い首都圏ですが、仮に1ヵ月10万円の家賃の部屋を外国人観光客に貸し出した場合、1日5,000円にすると

5,000×30日で150,000円となり、家賃で貸すより5万円多く稼ぐ事が可能です。家賃が安い郊外で民泊を始めるとかなり魅力的な金額と言えます。

もちろん毎日埋まればの想定となりますが。それでも20日間滞在客がいれば元はとれますから魅力的な商売であることがうかがえます。

また空き室を貸す事で、大家さんにとって頭が痛い長期間空き室状態を減らせますから一番賢い稼ぎ方は、空いている間観光客に貸し出しをするというやり方です。

これならば、観光客が来る間はその宿泊費でロスを賄えますので、その間に募集を強化すればロスが少なくなりますから、極めて魅力的な方法と言えるでしょう。

メリット

壁笑顔

  1. 空き室対策に効果的
  2. 立地が良ければ家賃より収入が増える可能性がある
  3. 長い宿泊が継続して見込めれば続けてもよい
  4. 貸している間に空き室募集もできる

など対費用効果が高いものばかりなので、ここだけを見ると始めた方が賢いといえます。これで収入が増えたらやめられなくなる人も増えてくるでしょう。

デメリット

  1. 家電をそろえる必要がある
  2. チェックアウトした場合の清掃をどうするか
  3. 短期滞在が多いと都度契約を結ばなくてはいけない
  4. 民泊終了後の買いそろえた家具をどうするか
  5. 言葉の壁をどうするか

とデメリットも意外に多くあるので、きちんと考えておきましょう。

デメリット対策

パソコンとメモ
家電や家具はホテル同様のサービスを提供するなら、それなりに揃えなくてはいけませんが、最低限でもいいという人なら

スポンサーリンク
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • エアコン
  • ドライヤー
  • 電球
  • ベッド
  • 寝具
  • テーブル一式

などは必須のアイテムとなってきます。電球などは消耗品で寿命が短いものを買うとあとあと面倒なのでLEDぐらいは取り揃えておきましょう。

そして一番の問題点であるチェックアウト後の清掃ですが、自分でやるか清掃サービスに頼むかですが、長期滞在なら外注でもよいですが、短期の場合は自分でやらないと清掃費用ばかりかかりあまり儲からないことを頭に入れておきましょう。

ちなみに首都圏では家事代行サービスなどあるものもあります。

契約

代行会社を経由すれば一番よいですが、手数料がかかるのでなるべくなら自分で行いたいところ。クレジット払いや前金にするなど、お金のことですからきちんと行っておきましょう。

日本人になじみの薄い外貨は日々変動しますから、アメリカドルぐらいの相場は把握しておくことです。

とにかく短期滞在は個人でやるのは面倒なので、最低1週間からなど契約方法を工夫していくことも一つの手段と言えます。掃除などのメンテナンスも大変ですからね。

後空き室が通常の日本人に貸す場合などは、用意した家具を処分したり移動したりするのは大変なので、家具家電付賃貸として募集をしていく必要があります。

その場合は少し高めの家賃設定も可能なので、ある意味家賃を上げる大チャンスとも言えます。

これによって外国人観光客だけでなく、ビジネスマンの出入りも見込めるので意外に民泊サービスははまる可能性は高いと言えるでしょう。

言語対策

言葉の壁は非常に厚い日本人ですから、最低限用意しておきたい言語は

  1. 英語
  2. 中国語
  3. 韓国語

など、テーブルにパンフレットを用意したりエレベーターやその他部屋の各所に貼る必要も考えておきましょう。

こういったことはなるべくお金をかけたくないので、ワンコインで依頼できるココナラなどを利用してはいかがでしょうか。

どちらにしても、お問い合わせは出来ない、では困るので英語ぐらいは勉強しておいたほうが得策と言えます。

逆に稼ぎ続けたい人なら英語は、最低日常会話をマスターしておきましょう。

まとめ

matome
こういった対応をきちんとして置くことは、海外に定評がある日本の文化です。

そして対応やサービスが良ければ良いほど、外国人の口コミが広がり評判の宿として紹介されるようになってきます。

SNSサービスのアカウントを取るなどして、人気の民泊を目指していきましょう。海外雑誌にでも取り上げたら、まさにしばらくはドル箱状態になる可能性は秘めています。

ちなみに私自身も不動産経営をしていますが、空き室対策や銀行への返済対策でこういったブログを始めました。収入口は多い方がよいですから、是非ともこのブログで色々勉強してみてください。

スポンサーリンク



シェアお願いします!

厳選記事

ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし…
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ…

広告