マイナンバー制度導入でサラリーマンやOLの副業がばれるのを防ぐ対策

シェアお願いします!

スポンサーリンク


読者数

今日の訪問者 471人

昨日の閲覧者 2715人

累計購読者数 4858人

マイナンバー制度の導入で個人にそれぞれ番号が振り分けられて、お国の管理となる制度が2016年1月からいよいよ本格的にスタートします。

そんななかで、問題点と言えるのが副業をしていて、その収入がある人たち。

うらやましいと言ってしまえばそれまでですが、これから副業などを始めようとする人たちの対策を書いてみました。

税金はどれくらいかかるのか

お金
株やFXなどで儲けたお金は、年間20万以上を超えた場合20%の税がかかります。1ヵ月で換算すると毎月およそ16.666円が申告しなくてよい、ばれない程度の副業収入となります。

サラリーマンやOLに人気を博したFXでも以前は40%だったのが20%まで軽減されたわけですが、はたしてお金を稼いでいた人たちはどのようにしていたのでしょう。

FXはもとより株式投資などは古くからサラリーマンの副業として人気がありましたからね。

ばれる要因

基本就業規則などに副業が禁止の場合は書いてある事が多いのが現状です。しかし株式取引などは多くのサラリーマンたちが行っているので、グレーな会社も数多くあるみたいです。

就業規則は基本誰でも閲覧可能なので、儲けている人やこれから副業を考えている人は、一度は目を通しておきましょう。

それでは副業が会社にばれる要因はズバリ「住民税」です。

サラリーマンやOLなど会社員などの場合、副業による収入は「雑所得」にあてはまります。これが20万円を超えた場合(20万円ピタリなら問題なし)確定申告をする必要があるのです。この申告をしない場合は「脱税」とみなされるので、必ず申告を行いましょう。

この確定申告によって、副業で稼いだ所得に対して住民税が課されるのです。この金額は給与所得に係わる市民税・県民税特別徴収税額の変更通知書などによって、住民税の増減で判明するという種明かしとなります。

素朴な疑問ですが、多少の増減ぐらいなら総務や経理も気付かない可能性もあることにはありますが、過度な期待はしないよう対策をとっておきましょう。

スポンサーリンク

ばれない対策

サラリーマン人形
それでは、ここではばれない対策を書いておきますが、あくまで自己責任でお願いいたします。人間どこかでやましい事をしているとミスが必ず出てきます。それを防ぐのは毎年毎年続けていくと、どこかでほころびは出てしまうからです。

話はそれましたが、副業をばれないようにするには、確定申告の際に提出する確定申告書には、住民税の特別徴収と普通徴収のどちらかを選択する場合があります。

これを普通徴収の項目を選択すれば、自分で副業を行って得た収入分の住民税を納めればよいので、会社には本業分の収入に対しての住民税が通告されるので、一安心ということです。

まとめ

matome
結局会社にばれないようにする手段はたった一つです。なので上記の問題点をクリアしておけば、ネットなどのお小遣い稼ぎや飲みやなどの飲食店でのバイトやその他収入が会社にばれる事はありません。

なので稼いでいる人はともかく、これからの人は1年で20万円を超える収入を得た時に、この対策をとるようにしましょう。

まだ稼いでいない人は知識の一環として覚えておいてください。

マイナンバー制度導入でOLのキャバクラ副業がダメになり、夜の繁華街不況が起こるなど言われていますが、正しい知識を備えておけばそれほど気にする必要はありません。

但し確定申告をしなくてはいけないことは必ず覚えておきましょう。

以上がマイナンバー制度導入でサラリーマンやOLの副業がばれるのを防ぐ対策でした。

マイナンバーが導入されれば、私たちの年金問題やオレオレ詐欺などの悪事は改善されるといわれています。不正受給やその他トラブルなどが全てうまくいけば、副業なんかしなくてもゆとりのある毎日が待っているかもしれません。

その効果に期待しつつ副業でも第二の収入を得れるよう頑張っていきましょう。

スポンサーリンク



シェアお願いします!

厳選記事

ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし…
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ…

広告