キャッチフレーズやネーミング募集で稼ぐ方法

人生様々なところで名前を考える機会がありますが、それがお金になるなんて考えたこともないと思います。世の中にはこういったネーミングを募集しているところや、キャッチフレーズを考えて欲しい企業は数多くあります。

もちろん子供の名前やペットの名前で一度は、ネーミングなどを考えたことがある人は多くいますが、そのセンスを褒められたことはあまりないのではないでしょうか。

キャッチフレーズも同様で、近親者の集まりなどで皆で考えたことはあってもそれがお金になるという考えは今までなかったと思います。

スポンサーリンク

キャッチフレーズやネーミングで稼ごう

看板
ここではキャッチフレーズやネーミングで報酬をもらえる企業を紹介していきますので、参考にしてみてください。

ただしこういう稼ぎ方は当然ライバルも多く、応募している人も多くいます。なので数で勝負していくことが単純に稼ぐコツとなるでしょう。

採用されるポイントを押さえておこう

ただキャッチフレーズやネーミングを考えても採用される確率は低いです。こういったものはポイントがいくつかあって

目に見えるものと目に見えないものに分けられます。

目に見えるものは簡単でキャラクターや場所など、誰もが一目でわかるものです。目に見えないものは、プロジェクト名やコンペ名など。存在はするが物としてないものです。

どちらにしてもお金を払ってまで他の人の意見が欲しいわけですから、しっかり考えて顧客の気持ちを汲み取ればおのずとキャッチフレーズやネーミングは見えてきます。

下記が顧客が求めるポイントです。

イメージはどうか
・わかりやすいかどうか
・意味があるかないのか
・相手に伝わるのか
・覚えやすいか
・言いやすいか

という点が重要になってきます。おそらくキャッチフレーズやネーミング募集で稼ごうと考えている人の大半は閃きやインプレッションだと思いますから、上記のポイントを組み込んでいけば、自然と自分が考えたキャッチフレーズやネーミングが採用されると思います。

スポンサーリンク

キャッチフレーズと言えば最近ではプロ野球などが、チームのスローガンとして毎年キャッチフレーズを変更しています。各球団のホームページなどを見て参考にしてみるのもいいと思います。

報酬提供企業

キャッチフレーズやネーミングを募集している代表的なところを紹介するとクラウドワークスが、多数の案件を取り揃えています。クラウドソーシングというお仕事を提供している上場企業なので安心して利用できます。

登録にはメールアドレスが必要です。

気になる報酬は万単位の金額も多く、やり甲斐はかなりありますが、高額報酬であればあるほどライバルは多数なので、インパクトあるフレーズが重要となります。上記で紹介したポイントをうまく織り交ぜて、良い提案をしてみましょう。

報酬例

これらの数はタイミングによりますが、都度数十件の募集があるので、コツコツ提案していきましょう。

その採用されるかどうかまでの期間に他のお仕事を探してもいいと思います。中にはアイデア募集もあるので、こういった何かを考えるのが得意な人は、アイデアで稼ぐ方法も検討してみるといいでしょう。

まとめ

以上がキャッチフレーズやネーミング募集で稼ぐ方法でした。ほかにこの方法で稼ぐとすれば、自分でホームページやブログを立ち上げて専門の会社を始めることです。

まあ集客の問題もあるので、こういったクラウドソーシングなどを利用するほうが、手軽で簡単でいいですけどね。実際ブログで集客するにはかなりの時間がかかります。

どちらにしても採用されるには、センスと閃きです。数をこなせばこれらも磨かれます。なので採用されなかったとしてもめげずに数をこなしていきましょう。