オークションで稼ぐ方法&出品のコツとおすすめジャンルの紹介

2019年10月12日

オークションは誰もが簡単に始めることができる商品の販売方法です。しかしオークションサイトも数が増えてきてユーザーもどのオークションを選べばよいのかわかりにくくなってきました。

また中古でない新品商品の販売目的で利用するお店がたくさん出てきて、本来の趣旨とは変わりつつあります。

オークションは商品を出品する事で、値段を最初の提示価格より1円でも高く売りたい人が始めるちょっとした商品販売ビジネスです。

スポンサーリンク

オークションで稼ぐ方法

ハンマー

オークションは昔はプレミアムの商品を出品してなるべく高く売りたいユーザーで溢れていました。今でも骨董品やプレミアム商品などの出品も多くあり、価値が高いと思う人と、自分にとって価値がない商品を売る人との需要と供給で成り立っています。

オークションで稼ぐには数を売るのはあまり向いていません。何故ならば利用者は数を求めてくるのではなくプレミアム価値のあるものや、あまり販売されていない商品を追いかけてくるからです。なので一品で大きな利益を稼ぎたい商品を売るのに適していると言えるでしょう。

要するにオークションで買う人の目的は

ネットでなかなか探しても見つからないもの

これを探しています。安く買いたい人は今ならフリマアプリなどで探せますから、値があがるオークションには高くてもいいから買いたい人が多く訪れるのです。

なのでオークションで稼ぐには

単価の高い商品を出品して、高利益を乗せて販売すること(最低価格)

です。値上がりを期待できる商品は少なくなっているので、最低価格をしっかり決めておきましょう。また短期で稼ぐには様々なオークションサイトへの出品が基本ですが、利用料は有料なのでオークション初心者は慣れるまで、一つのオークションサイトを利用するほうが効果的です。

オークションサイト

有名なオークションサイトは

など。出品する予定の商品を価格比較で利用したり、掘り出し物を探すためにオークションで購入し、別のオークションで転売するのもオークションで稼ぐ戦略の一つとなります。

出品の始めがカギ

出品は最もオークションで重要なファクターとなります。出品する商品はなるべくキレイに撮影して画像を掲載するのが基本となります。

できるだけ360度からの角度を撮影して出品していきましょう。そして撮影が終わったら写真をアップして商品説明を記入します。

後のトラブル防止を含めて記入してほしいポイントは

出品した商品の名称や型番
・商品の状態(キレイか汚れ破損状態など)
・保証書や説明書、箱の有無
・寸法や重量
・支払い方法
・発送と送料の目安

など。プレミアム商品などは箱や説明書などが入っていると価値があがります。これらがある場合はしっかり明記したほうが高く売れます。なんでも鑑定団でも箱の重要性は再三指摘されていますからね。

ヤフオクの主な特徴

ヤフオク
やはりCMでお馴染みのヤフオクで、誰もがここからスタートするオークションサイトと言えます。

そしてヤフオクを始めるのに重要なのは、Yahoo!プレミアム会員になっておくことです。そうする事によって

  1. 特定カテゴリでの入札
  2. 出品

が可能となってきます。会員になるには毎月462円(税抜)必要ですが、稼ぐためには最低限の出費となるでしょう。

ちなみにヤフオク!には年齢制限があって、中学生を除く満15歳以上からです。

そして出品の際には以下の3つが条件です。

  1. YahooJAPANのID、これは無料で取得可能です
  2. Yahoo!プレミアム会員登録。これは有料で月額498円(税込)
  3. モバイル確認または本人確認が要ります。

落札システムに関する利用料は

  • 送料負担が出品者の場合、落札価格の8.64%(税込)
  • 送料負担が落札者の場合は625円以上のオークションで落札価格の8.64%(税込)となります。
  • 624円以下のオークション 54円(税込)です。

まあ、あまり単価が低い取引は避けたいところです。ヤフオクで稼ぐには、まずは出品する商品の価格帯を調べておきましょう。

売られている商品の状態を確認したり、売れた金額を見ることでどのくらいの価格で出品すればいいか検討していきます。いわゆる傾向と対策を練ることです。

これを繰り返していくことで、価格を見る目や出品のコツを掴んでいくことができるでしょう。

おすすめジャンル

稼ぎ続けるためには、ある程度単価が高く利益が見込めるジャンルを絞って攻めていくのが基本となってきます。

となるとジャンルはある程度絞られて

  • ブランド品
  • ベビー用品
  • アニメ関連(フィギア・限定DVDなど)
  • コイン・切手
  • 骨董品
  • 電化製品
  • カー用品

など。これらは単価も高く利益が出やすいジャンルです。本やCDなどはよほど希少価値がないと利益が出せませんし、価値のあるものはなかなか手に入りません。数をこなすには発送の手間がかかるだけです。

上記以外では海外から輸入した日本ではなかなか手に入らないものを、仕入れて売る方法もあります。家具や楽器、ベビー用品などがその例に挙げられます。

海外輸入品はオークションだけでなくせどりで稼いでいる人も多くいます。せどりに興味がある人は下記を参考にしてみてください。

オークションとフリマの違い

スマホ
オークションやフリマは、家にあるもので売るものが無くなったりしたら商品を仕入れなくてはいけません。また梱包や発送、売れた客とのやりとりを自ら行わなくてはいけませんから、なおさら手間がかかります。

しかも重たい商品のカテゴリーとかだと、送料もかかるし持ち込みするのも重労働ですから、できるだけ小物を販売していきたいところです。

オークションは値上がりを狙って販売していく戦略で金額が不透明ですが、骨董品などの販売は一攫千金の可能性も出てきます。

それに比べてメルカリに代表されるフリマアプリなどは、値段を最初に決めたらそこから下がる事はあっても上がる事はありません。

要するに最初の値段設定が重要なファクターを占めているのです。

しかし売りやすさは参加人口が圧倒的に多いフリマアプリなので、ここは悩むところですが、使い分けとしては、コアな商品を売っていくならオークション、どこにでもある商品ならフリマアプリという考えでよいと思います。

興味がある人は下記を参考にフリマアプリを始めてみましょう。

まとめ

以上がオークションで稼ぐ方法~出品のコツとおすすめジャンルの紹介でした。

おさらいをすると

オークションは1品単価が高いものを売る
・数を売るならフリマアプリなどの併用が必要
・オークションを続けていくには月額費用がかかる

です。どちらにしろこれから稼いで行くには、一つにこだわらずに複数の媒体を利用して稼いでいくのが主流ですから、オークション、フリマアプリ、ネットショップなど商品が販売できるところはいずれもチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク