WordPresss初期設定方法を解説&パーマリンクやプライバシーまで

2019年10月16日

それではWordpresssの初期設定の続きを紹介していきます。ここではパーマリンクとプライバシーの設定が必須の重要事項となります。

順番に説明していますので、この記事が初めての人や戻って読み返したい人は、下記記事初期設定の説明を最初から行っています。

スポンサーリンク

初期設定方法の続き

設定メニュー
ここからはディスカッションからプライバシーの設定までを解説していきます。

設定に時間をかけるのは無駄なので、飛ばしてくださいと書いてあるところは飛ばして読んでいきましょう。

ディスカッション

ディスカッションとは自分のブログを読んでくれた人やスパム内容(宣伝など)を表示させたい人などが書き込みをします。

ここでの設定は

「コメント表示条件」→「コメントの手動承認を必須にする」のチェックだけを入れておきましょう。

これによってスパムや宣伝をしてくれる人の書き込みを、自分が承認しないとブログで表示出来ない設定となります。

最初は読者は少ないので、ここからは飛ばして読んでもらってもいいです。

ディスカッション中段

下記は初期での「ディスカッション設定」でチェックが入っている項目です。

ディスカッション上段

コメント欄を表示させないことは、お使いのテーマで「コメント欄を非表示にする」という項目があれば設定が可能です。

また投稿記事の右メニューに「ディスカッション」という項目があります。

チェックボックス

上記のチェックボックスを外せば投稿のコメント欄が非表示にできます。

下記はコメント欄の表示フォーマットです。記事の最下段あたりに設置されていますので、ご自分のブログを確認してみましょう。

コメント欄

ディスカッションの設定の下段へ進むとアバター(自分や投稿者の画像)の設定が可能ですが、これらも読者が増えてコメントが増えだしたら設定をすればいいので、スルーしておきましょう。

アバター

それでもこれらの設定を最初から力を入れて行いたいという人は、下記記事を参考にしてみてください。

メディア

「設定」→「メディア」の画面です。初期段階では特に設定することがないので、飛ばして読んでください。

これらはワードプレスに画像(メディア)を取り込んで記事に挿入するときに、

  • サムネイルのサイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ
  • 取り込んだ時のサイズ(フルサイズ)

のいずれかを選ぶときの画像のサイズとなります。

取り込んだ画像サイズが大サイズより小さい場合は表示されません。

1920×1440の画像を記事に取り込んだ場合の例

表示サイズ例

この場合はサムネイルからフルサイズまでの画像の大きさで記事に挿入できます。ただしこのような大きい画像を挿入するとブログの表示が重たくなるので推奨していません。

記事を投稿するコンテンツ幅が分かっている場合は、中サイズか大サイズのどちらかをコンテンツ幅より少し小さい設定で合わせておいても良いでしょう。

例 コンテンツ幅が680pxのテーマを使っている場合、大サイズか中サイズの幅の上限を660pxにしておくなど。

もしくは、画像をワードプレスに取り込むときにあらかじめ660pxの幅で設定するように意識して画像を加工すれば、フルサイズでの画像挿入で問題ありません。

ここは自分の工夫次第となります。

パーマリンク設定

パーマリンクとは、現在見ている記事のURLがhttp://netwriter.biz/sisutemu2/なのですが、sisutemu2の部分がパーマリンクの事を指します。

パーマリンク設定

上記を見ると「基本」という項目にチェックが入っていますが、これを一番下(赤矢印が指す場所)のカスタム構造にチェックを入れて

/%postname%

を入力して(コピペOKです)「変更を保存ボタン」を押して終了です。

次からは読まなくてもいいので、続いてプライバシーの設定を行いましょう。

このパーマリンクの設定は諸説あるのですが、上記の方法だと記事が増えてカテゴリー変更をした場合にURLが変わらないというメリットがあります。

その他のブログでは「/%category%/%postname% 」を推奨していたりしますが、この場合で例を挙げると

動物園というカテゴリー(zoo)を作ってhttp://netwriter.biz/zoo/lion/というURLで、ライオンについて記事を書いた場合

この記事がSNSやまとめサイトなどで人気が出て

このURLがいい記事だよ!と有名になります。

その場合ここでは詳しく書きませんが、人気が出たことでブログに良い影響を与え被リンクを得たりします。被リンクは重要用語なので覚えておきましょう。

長くブログを運営していると記事数が増えて、カテゴリーを見直す時期が来ます。

ライオン

ライオンの記事が増えてきたので、lionsというカテゴリーを作り上記の記事をlionsに変更するとURLは、

http://netwriter.biz/lions/lion/になります。

この場合「/%category%/%postname% 」を設定しているとURLが変更という認識となり、http://netwriter.biz/zoo/lion/の人気(被リンク)が消えてしまうのです。

もちろん301リダイレクトなどを使えば良いのですが、一つ一つの記事に301リダイレクトの設定をするのは面倒なので、

パーマリンクの設定は「/%postname%」が推奨となります。

この設定なら記事のパーマリンクは「http://netwriter.biz/lion/」になり、カテゴリーを変更しても「http://netwriter.biz/lion/」のままで変わらないのです。

まあ正直パーマリンクの設定は、どの設定を選んでも後々に何も変更しなければ、何の影響もありません。

ただし後にURLを変更するような設定は被リンクが消えてしまうので、やめておきましょうと言う事です。

プライバシー

最後にプライバシーポリシーページの作成となります。ここは必須の設定なので必ず行いましょう。

プライバシーポリシーページ

プライバシーポリシーとは簡単に言うと自分のブログにおいて、個人情報の取り扱いについての利用目的や管理方法などを記載します。

私が書くより専門家の内容を見るほうが参考になるので、下記を読んでみてください。

と言う事でこれらの項目を作成します。

最近ではグーグルアドセンスの審査はプライバシーポリシーの表記は必須です。

プライバシーポリシーページが完成して、グーグルアドセンスの審査がまだ完了していない人は、審査時に表記のチェックがされるので確認してもらいましょう。

私のブログはプライバシーポリシーに書いていますが、かなり前からグーグルアドセンスの審査を通過していますので、チェックを受けていません。

なので下記記事を参考にしてプライバシーポリシーのページを作成してください。

まとめ

おさらいをすると

  • 「コメントの手動承認を必須にする」のチェックだけを入れる
  • パーマリンクはカスタム構造にチェックを入れて /%postname% を入力
  • プライバシーポリシーページを作成する

です。まとめてみると設定方法はこれだけですから、初期段階で片づけておきましょう。

次はワードプレスで利用するテーマのテンプレートを選んでいきます。

スポンサーリンク