SNSで稼ぐ方法&インスタやツイッターで効果的に稼ごう!

SNSは今やスマホとセットで利用される代表的なツールとなってきました。SNS単体で稼ぐことよりもブログやネットショップなどとセットで狙うほうが相乗効果もあり、稼ぎやすくなるのですが、どのような稼ぎ方があるのかをそれぞれ調べてみました。

一番効果的な方法は「有名人になること」

ですが、これでは元も子もないのでその他の方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

SNSで稼ぐ方法

スマホ
SNSで稼ぐ基本的なスタンスは以下の方法になります。

  1. SNS単体で広告収入を稼ぐ
  2. フリマアプリで出品した商品を投稿しフォロワーに買ってもらう
  3. ブログやネットショップなどにフォロワーを引き込み収益を上げる

です。

広告収入は主に企業から提供される商品を宣伝して、紹介料として広告料をもらいます。芸能人や著名人などは影響力が大きいので、この収益方法が一般的な稼ぎ方となります。

次はフリマアプリやネットショップで出品した商品の宣伝をSNSで行うというやり方です。組み合わせとしてはこの方法が一番相性がいいでしょう。

最後はブログはアフィリエィトを行う事で収益を上げる方法になります。ブログにフォロワーを引き込み商品を購入してもらったり、企業の会員になってもらったりすることで報酬がもらえるサービスの事を言います。

参考記事

いずれも読者がいないと全く稼げませんから、要するに最初に行う事は

フォロワーを増やすこと

という前提になるのです。フォロワーが少ないといくらSNS投稿しても稼ごうとしても空回りするだけですからね。

フォロワーを増やす方法

SNSのフォロワーを増やす方法は
様々な人達のSNSを訪れて交流を増やすことです。またその際にはそれ等の人のフォローをすることで、相手先もフォローしてくれることがあります。

その前にやっておきたいことは

  • プロフィール欄をしっかり書く(趣味や特技、ブログのURLなど)
  • 投稿を充実させること

です。なるべく面白い内容、興味を引く投稿、インパクトある写真などを掲載してまた訪れたいと思う環境づくりをしておくことです。

ここをしくじるとなかなかフォロワーは増えませんから、まずはフォロワーを増やすことよりSNSの中身を充実させることです。

ブログやネットショップなども同様で、中身のない広告や商品ばかりを売っても読者は定着しませんから、これらを充実させてからフォロワーを増やす行動に移りましょう。

インスタグラム&フェイスブック

インスタグラム

インスタグラム&フェイスブックで稼ぐ方法は、やはり前述した企業の広告塔になって稼ぐ方法が一般的になります。

それ以外ではインスタグラム&フェイスブックは、写真投稿が主なアクションになるので使っているカバンや電化製品、趣味の車やバイクなどの写真投稿を行い、ブログやネットショップに読者を誘導して関連商品を購入してもらう手段が、最も稼ぎやすい方法と言えます。

これをアフィリエィトといいツイッターなども同様の方法で集客して、読者から企業へ申し込みを行ってもらったり購入することで、収益を得ることが出来ます。

インスタグラム&フェイスブックのプロフィール欄にブログやネットショップのURLを掲載しておくといいでしょう。

後はフリマアプリなどに商品を掲載して、その商品をインスタグラムに投稿します。フリマアプリの場合はニックネームとなるので、インスタグラム&フェイスブックのアカウント名を同じにするか、プロフィール欄にニックネームを掲載するといいでしょう。

投稿イメージ(文字例)

ちょっと要らなくなったのでメルカリで処分しようと思います!

写真にメルカリやラクマなどで使っているユーザー名(ニックネーム)や、商品名を掲載してさりげなくアピールするといいでしょう。

使った感想で投稿するのもいいでしょう。

使ってみると~が非常に良かった。名残り惜しいけどメルカリで売ります!

という投稿などが自然でいいと思います。

それ以外では投稿した写真などを販売して利益を出す方法もありますが、芸能人レベルでないとあまり売れませんから、この三つの方法が主流となります。

ツイッター

ツイッター
ツイッターはアフィリエィトの広告コードやURLを禁止しているため、単体で稼ぐにはやはり不可能に近いSNSとなります。

やはりプロフィール欄に自分のブログなどのURLを掲載して、呼び込むのが主な稼ぎ方となります。

ツイッターの拡散能力はSNSではNO1なので、やり方次第ではかなりの集客効果があるツールです。

なのでどれだけ自分のつぶやきが拡散してくれるかが焦点となります。フォロワーが少なくてもBIGチャンスがあるのがこのツイッターの特徴でもありますからね。

LINE

LINE

LINE自体はあきらかにビジネスツールとしては活かせないSNSの一つとして定着してしまいました。

あれだけのユーザーがいるにも関わらずLINEスタンプぐらいしか身近にお金を稼ぐ方法がないので、LINEスタンプのライバルも多くすぐ飽きられるので利用価値は低いといえます。

あるとすればLINE@で友達を増やしてアフィリエィトするぐらいですが、その他のSNSと比べて利用者が少ないので止めておいたほうがいいでしょう。

LINEで稼ぐ方法は現時点ではいい方法がないと言えます。

楽天ROOM

楽天ROOM
楽天ROOMは、アプリをダウンロードして自分が楽天市場で買ったものや気になる商品をリストアップして、MYROOMに集めます。

これらが売れると報酬が発生する仕組みです。単価が高ければ高いほど報酬はあがるので、ブランド品や電化製品、カー用品などの投稿をするほうが狙い目です。

MYROOMをSNSで紹介していくことで、フォロワーからの購入を促すというやり方となります。楽天会員は日本全国で多数いますから、商品紹介しても自然な売りかたですし、購入していない商品でも掲載できるので、自分の戦略次第では大きなチャンスがあるのです。

楽天ROOMはフリマアプリ同様に、写真掲載で稼げるのでSNSと相性がいいアプリの一つでしょう。

写真販売

スナップマート
SNSと連動したいのがこの写真販売アプリで、スナップマートを利用するといいでしょう。

スナップマートは1枚から販売できるので、お試しでチャレンジしてみてもいいと思います。

SNSに投稿した写真を販売できるので、稼ぐ方法としては(著作権に違反していなければ)人気が出た投稿の写真を販売してみましょう。せっかくたくさんの「いいね」が付いたのに自己満足で終わっている人には、こういったアプリで稼いでみましょう。

報酬率は販売価格の30~70%ですから手数料は高めの設定となっています。なので数を売るしか多くの報酬を得ることは出来ません。

注意して欲しい点は、SNS投稿をして写真を販売するのではなく、写真を数多くスナップマートで販売してからSNS投稿を増やすという流れで行う事です。

SNSが拡散して写真の準備が1枚だけだった・・・

というのはまさに後悔先に立たずです。きちんと戦略を立てて写真販売を行いましょう。

まとめ

以上がSNSで稼ぐ方法でした。これらを駆使して様々な収益を上げてみましょう。しかしやりすぎるとアカウント凍結のリスクもあります。これだけは気を付けておいてください。

おさらいをすると

  • SNSは主な集客ツールとして利用しブログやネットショップなどにフォロワーを誘導して収益を発生させる
  • フリマアプリや楽天ROOMで出品した商品などを掲載し、SNSに投稿をする
  • いいねが多くついた写真を売る
  • 人気が出れば企業の広告塔となって商品を紹介して広告料を受け取る

です。いずれにしてもフォロワーを増やすことが前提ですから、ひたすら他人が興味を引くような内容を投稿し続けて、ファンを増やしていくしかないのが現状です。

スポンサーリンク