WordPressのプラグインでtarget=”_blank”を一括削除する方法

2019年10月7日

target=”_blank”とはリンクをクリックした際に別ウィンドウでページを開くコードです。

アフィリエイトコードに多く含まれており、target=”_blank”あるとリンクが開かない恐れがあるとして、各ASPが削除するようにお知らせが来ています。

ここではワードプレスでtarget=”_blank”を一括削除する方法を紹介していきたいと思います。万が一のことを考えて先にブログデータのバックアップを取ってから行ってください。

スポンサーリンク

target=”_blank”削除の注意点

note

target=”_blank”を一括削除する場合に、気を付けたいのが

target=”_blank”はアフィリエイトコードだけではない!

ということです。

自前の内部リンクや外部リンクに設定している人もいると思います。SNSボタンなども各テーマによりますが、対象となりそうですね。

なのでtarget=”_blank”を一括削除した場合は、これらの動作チェックも必要と言うことです。面倒・・・

target=”_blank”を一括削除するプラグイン

target=”_blank”を一括削除するプラグインは

「Search Regex」

プラグインの新規追加で導入しましょう。

追加した後はワードプレスの左メニューの「ツール」→「Search Regex」を選択します。

Search Regex

上記のSearch patternの右空白にtarget=”_blank”を入力して、青色のsearchボタンを押すと検索結果が出てきます。

検索結果

上記画像の赤丸がアフィリエイトのコードで黒丸が内部リンクのコードとなります。上記で書いたようにtarget=”_blank”だけを消すと内部・外部リンクで自分が設定したコードも消えてしまいます。ここは要注意ポイントです。

検索時に余白スペースや全角文字などが入っていると正確には出てきませんので、注意しましょう。

次にReplace patternのところに入力が必要なのですが、今回はtarget=”_blank”を消すので空白のままにしておきます。

そしてSearch patternの横にReplace & Saveボタンがあるので、そこをクリックすれば終了です。

後は動作確認でアフィリエイトのリンクやSNSボタンなどをクリックして確認すれば終了です。

もう一つの方法は

Search patternの右空白にtarget=”_blank” rel=を入力して、青色のsearchボタンを押すと検索結果が出てきます。

target=”_blank” rel="nofollow

target=”_blank” rel="noopener"

上記2種類のコードを含んだ検索結果が出てきます。(他にもあるかもしれません)

一度に作業するため Replace patternにrel=だけ入力して書き換えます。

変換方法

これならうまく内部リンクを消さずにを消去できますが、外部リンクにもrel=~はあるので外部リンクは消えます。

これらを行っても内部リンクのtarget=”_blank”を消したくない場合は、手作業でやるか、一回全部消去した後にもう一度別ウィンドウで開くなどの設定を行うしかありません。

当然ですがアフィリエイトコードの中にはtarget=”_blank”しか記述がないのもあります。これらの場合、内部リンクを消したくない場合は、手作業で消去するしかありません。

なので、必ず最初はSearch patternの右空白にtarget=”_blank”を入力して、検索結果を見て消去を行いましょう。

target=”_blank”しかなかった広告コードの一例

  • AMAZON
  • ポイントサイト
  • 楽天

など。まだ他にもあるのでこれらはあくまで一例です。

ちなみに手作業で修正する場合、検索結果の右端にeditという項目があるので、それを押せばその記事が出てきます。

edit

まさに至れり尽くせりです。ちなみに作業が終了したらSearch Regexを消去しても問題ありません。古いプラグインなので、利用させてもらった感謝を忘れず、消すほうが賢明でしょう。

各ASPのコード改変例

A8.netが提供する改変例

A8.net改変例

バリューコマースが提供する改変例

バリューコマースコード改変例

バリューコマースにメールで改変OKかの問い合わせをした際の回答
「target="_blank"」の削除につきましては、ご認識の通り弊社は推奨しておりますが、それ以外の広告コードの改変は、削除の方法は問わず規約違反となりますため、公認することはできません。ということです。

アフィリエイトBが提供する改変例

アフィリエイトBが提供する改変例

アフィリエイトBに改変OKかの問い合わせをした結果

改変した場合、成果が発生しなかった際のご対応が出来かねます。

と言う事です。

楽天アフィリエィトに改変OKかの問い合わせをした結果

ワールドプレスの仕様上、ソースの改変がされてしまうようになっておりますので、違反になることはございません。

もし改変されてしまうことが気にかかる場合は、管理画面上でアフィリエイトリンクの作成時にリンクタイプを【リンクのみ】で作成いただくことをお勧めします。

と言う事です。

まとめ

以上がWordpressのプラグインでtarget=”_blank”を一括削除する方法でした。

実際に消さない場合は必ず不具合があるというわけではないので、判断は自分でしかできません。

動作チェックも面倒なので、実際に訪問者が多いページだけを手作業で行うほうが効果的だと私は思います。

あくまでここで紹介した方法は、大量に修正が必要なブログのみです。そうでない人は、手作業で直しましょう。すでに新規の広告コードにはtarget=”_blank”を入れていないASPも多く出ていますからね。

ちなみにこの記事を書きながらSearch Regexでtarget=”_blank”を消してみたら、この記事のtarget=”_blank”と書いた部分も消えているというオチがありました・・・

スポンサーリンク