ムームードメインのネームサーバ(DNSサーバー)の設定方法

2019年10月16日

ここではムームードメインでのネームサーバ(DNSサーバー)の設定を紹介していきます。ムームードメインにログイン後の説明となりますが、簡単なのですぐ出来ると思います。

間違えてもやり直しができるので、初心者はあせらず設定を行いましょう。ただし入力間違いがないかのチェックは必ず行いましょう。

スポンサーリンク

ネームサーバの設定方法

ムームードメインTOP
まずはムームードメインの上記メニューでログインを選んで管理画面に入ります。

下記左メニューから「ネームサーバ設定変更」を選びます。

左メニュー

するとドメインが出てきます。私は複数あるのでドメインの一覧が出てきますが、普通は一つのドメインが出てくるだけです。

矢印の「ネームサーバ設定変更」を押します。

ネームサーバー設定変更

すると「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」という場所まで下にスクロールします。

チェックを入れると下記画面が出てきます。

ネームサーバー入力欄

  • ネームサーバ 1 ここに入力 以下略
  • ネームサーバ 2
  • ネームサーバ 3
  • ネームサーバ 4
  • ネームサーバ 5
  • ネームサーバ 6

ここの入力はレンタルサーバーによって異なります。

下記で人気のレンタルサーバーのネームサーバを書いておきます。

入力すると下記設定変更ボタンを押して終了です。

ネームサーバー設定変更ボタン

反映には24時間~72時間かかると言われています。その間に記事作成などワードプレスの操作は行わないほうが賢明です。

ブログ初心者などは、下記記事などを読んで使い方を覚えておいてください。

人気のレンタルサーバーのネームサーバー

調べるのが面倒な場合はコピペで使用してください。

エックスサーバー

  • ネームサーバー1  ns1.xserver.jp
  • ネームサーバー2  ns2.xserver.jp
  • ネームサーバー3  ns3.xserver.jp
  • ネームサーバー4  ns4.xserver.jp
  • ネームサーバー5  ns5.xserver.jp

Mixhost

  • ネームサーバー1  ns1.mixhost.jp
  • ネームサーバー2  ns2.mixhost.jp
  • ネームサーバー3  ns3.mixhost.jp
  • ネームサーバー4  ns4.mixhost.jp
  • ネームサーバー5  ns5.mixhost.jp

御覧の通り1行記入したら、後はns1~ns5までの数字を変更するだけなので簡単ですが、2~3個しかネームサーバーを入力しないレンタルサーバーもあります。以下

ConoHa WING

  • ネームサーバー1 ns-a1.conoha.io
  • ネームサーバー2 ns-a2.conoha.io
  • ネームサーバー3 ns-a3.conoha.io

さくらレンタルサーバー

  • ネームサーバー1 ns1.dns.ne.jp
  • ネームサーバー2 ns2.dns.ne.jp

Wpxspeed

  • ネームサーバー1 ns1.wpx.ne.jp
  • ネームサーバー2 ns2.wpx.ne.jp
  • ネームサーバー3 ns3.wpx.ne.jp

カゴヤジャパン

  • ネームサーバー1 ns0.kagoya.net
  • ネームサーバー2 ns1.kagoya.net

カラフルボックス

  • ネームサーバー1 ns1.cbsv.jp
  • ネームサーバー2 ns2.cbsv.jp

など。わざわざレンタルサーバー会社のページに戻らなくてよいように書いてみましたので、役立たせてみてください。

チェック欄

ロリポップやへテムルなどは、ムームードメインと同じグループのレンタルサーバー会社なので、チェック欄にチェックをいれて、下記ネームサーバー設定変更ボタンを押すだけで完了します。

ネームサーバー設定変更ボタン

さすがに同じグループ会社の設定は簡単ですね。

まとめ

以上がムームードメインのネームサーバ(DNSサーバー)の設定方法となります。

反映に時間がかかるので、下記記事などを読んで記事作成までに、便利ツールや無料テーマの選択などを考えておいてください。

とりあえず初心者向けWordPressの始め方から使い方マニュアルに戻る。

スポンサーリンク