中国で稼ぐ方法はECサイト作成か観光ブログがおすすめ

2014年6月25日

中華人民共和国は今や世界第二位の経済大国であり、人口も世界第一位を維持し続けているのですが人口ではインドがこれに比例します。

日本の十倍以上もあるこの市場を開拓すれば、まさに大きなビジネスチャンスとなります。ではどのような方法があるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

中国で稼ぐ方法

中国女性
中国で稼ぐには基本はTmallやJD.comに出店するのが基本となるのですが人口も多い分トラブルも多いですし、何かあった時は現地までいかないといけないので費用もかかりリスクが高いといえます。

これらは日本企業向けのモールも用意しているので、日本製品を販売する越境ECがビジネスチャンスとして大きいのは分かります。

しかしAMAZONですら2019年に中国から撤退するそうですから、個人では現実的に厳しいでしょう。また商品の発送にも関税がかかる場合もあり送料が高いのも基本です。

大企業なら現地で商品を生産して販売する方法もあるでしょうが、個人や中小企業ではなかなか現実的ではありません。

中国語も話せないと行けませんし、中国人との対応もきちんとしないと行けませんから、長く続けていくには難しいと言えるでしょう。

それでも可能性を追いかけたい人は、下記でサポートを行っているので申し込みをしてみるといいでしょう。

中国で人気の商品

中国問わず日本製品は海外でクオリティが高いという点では、非常に日本製品は売りやすいのです。

その中でも非常に人気が高いのは

  • 化粧品などのコスメ
  • 赤ちゃんのミルク
  • 食品
  • 医薬品

など。化粧品はやはり資生堂が一番人気のようです。化粧品の限定品などを街で見かけたら、購入して売ってみるのもいいでしょう。

詳細は中国のECサイトのタオバオなどで調べるとわかりやすいでしょう。

見ての通り中国人が日本の商品に向けるニーズは、「安全性」です。日本で作られたものは安全性が高いという認識なのです。

特に中国人の富裕層は日本のこういった商品を好みますから、高回転販売を目指すならこういったジャンルで攻めることです。化粧品などは軽くて高額で送料も安く済みますからね。

また日本のアニメやアイドルも海外で人気ですから、フィギアや限定グッズなどを探して売ってみると面白いでしょう。熱狂的ファンが付けばかなりの売上が期待できます。

CDが売れなくなった最近でも、日本ではAKB48のCDは驚くほど売れていますからね。最近は停滞気味ですが・・・

ネットショップ未経験者の場合は、まずは日本のネットショップでノウハウを経験してからのほうがいいので、下記記事でコツを紹介していますので読んでみてください。

最も簡単に稼ぐ方法

富士山
一番簡単な方法が日本の観光ブログを作り、各都道府県の名所やグルメ情報などを案内して広告収入を稼ぐのです。

観光ブログを作る際には、日本語版と中国版を作って観光客からの流入を狙いましょう。

これによって稼げる収入はグーグルアドセンスという広告会社になります。グーグルアドセンスはクリックだけで収入が発生する報酬形態ですから、国内問わず海外でも通用します。

要するに中国人観光客のブログへの訪問数を増やせば増やすほどお金が稼げると言う事です。

また言語が話せない、中国語で文章が書けない場合はワードプレスを利用すれば多言語プラグインなどがあるので、何とかなります。

アニメ好きの中国人にはアニメの聖地を紹介したり、アイドル好き目当てなら秋葉原の紹介をしたり、ラーメン好きには福岡や北海道を紹介したりと様々な観光地の紹介が可能です。

アイデア次第でチャンスは無限ですから、中国人向けの観光ブログを書いてみましょう。

ブログを作成する

観光ブログを作成するには、そのやり方や仕組みなどを知っておかないといけません。

下記でそれらを紹介していますので、興味が出た人は実践してみてください。

ブログ以外で可能性があるなら動画投稿も中国語で投稿してみてもいいでしょう。日本で人気の渡辺直美さんも中国の音楽番組「天猫双11狂歓夜」に出演して何とか盛り上がったとTV番組で話をしていました。

中国向けの動画投稿も人口を考えると、大きなビジネスチャンスが広がっていると言えるでしょう。

まとめ

以上が中国で稼ぐ方法はECサイト作成か観光ブログがおすすめでした。

外国で勝負するには言語の壁がありますが、様々な便利ツールの登場によりこういった壁は低くなってきました。

SNSなども活用して集客するのも世界規模ですから、世界一の人口を誇る中国で稼ぐ方法を実践してみてはいかがでしょうか。

後は人口だけで考えると、インドに向けて何かしらアクションを起こしてみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク