メルカリで売れない時にできる方法&理由は意外に簡単だった!

2019年9月27日

フリマアプリメルカリに出品したのだけど、あまり売れない、全然売れないなどはよくあることです。

その売れない理由を知っておけば、今後の販売に役立つので、ここではメルカリで50万円以上の販売実績がある私(嫁の売上含む)が、売れない時に出来る方法を紹介していきたいと思います。

やることは簡単なので、今日明日にも実行できるでしょう。

スポンサーリンク

メルカリで売れない理由の主な原因

悩む女性

メルカリで売れない時は、次の事を理解して出来ることを実行してみましょう。

売れない理由はいくつかありますが、最も重要なファクター(問題点)を挙げると

  • 値段が高い
  • 季節外れのものを売っている
  • ブランド力がない
  • 客のニーズが分かっていない
  • あなたに信頼がない

などが挙げられます。当然マイナーな商品にはニーズはないですし、状態が悪い商品などもあまり売れません。逆にブランド品などは状態が悪くても売れたりします。

なので出品する際にはなるべくメジャーな商品を出品しましょう。

買い手のニーズを知る

自分の一番のニーズは、自分が出品した商品が1円でも高く売れて欲しいのは当たり前ですが、今度はお客さんの立場に立ってみましょう。

自分が売れない時はとにかく立場を逆転して考えることです。

客のニーズとはすなわち、買い手が何の情報を知りたいかです。例を挙げてみると

  1. 値段が1円でも安いほうがいいので、値下げ交渉はありか無しか
  2. 色や形 大きさ(寸法)
  3. 商品の状態
  4. きちんと使えるのか
  5. 使った感想
  6. 今欲しいものか、いつ使うものなのか
  7. いつ届くのか
  8. 送料は無料か高いのか

など。

商品は新品なのか未使用なのか、傷がある場合はどの程度か、色は色あせしていないのか、黒なのか茶色なのか写真で分かりにくい場合などは特に詳細を書くことです。

また使った感想などはとても重要で、どんな使用感か着心地はいいのかなど、丁寧な説明が必要です。面倒でもなるべく丁寧な説明を書くよう心がけましょう。

いつ届くのかとか送料などは記入できますが、今それは欲しいものなのか、いつ使うのかを考えて出品しましょう。

夏に冬のブーツを売っても売れません。初夏に半袖を売る戦略が出来ているか、春のトレンチコートはいつ売りますか?

春の前です。梅雨では誰も買ってくれません。

シーズンオフで自分が着なくなるためメルカリで売るのなら、買い手も着る可能性は低いので当然、買う可能性も低いのです。これがニーズであり買い手の立場になって考えるということです。

実績を作る

後は自分自身の実績をしっかり作ることが、メルカリで成功する大きな要因となります。

メルカリには下記の3つの評価があります。

評価

良い 普通 悪い

の3つの項目があるのですが、買い手はかなりこれをチェックします。ここの評価が低かったり少なかったりするとなかなか購入してくれません。なのでこの評価を上げていくことです。

例えば3万円の電化製品を買う場合、実績がある人なら過去の取引履歴を見て、変な商品を売っていないのか、電化製品なのできちんと動くのかなど気になる点をチェックします。

高いお金を出すわけですし、特に一般人同士とのやりとりなので、販売実績とその評価ははかなり重要です。

この評価を上げていく方法は下記に書いていますので、参考にしてみてください。

売れない時にできる方法

頭を抱えた男性
それでは売れない理由が分かったと思いますから、上記以外で売れない時に出来る方法を紹介していきたいと思います。

説明文など丁寧さが足りない時は、文章を追加して買い手の知りたい情報をより多く提供してあげましょう。

まとめ売り・セット販売をする

香水

一個じゃ売れなくても2個にすると売れる場合があります。2個だから売れるというわけではなく、複数商品の場合のほうがキーワードが増えるので検索にヒットしやすくなります。

大体まとめ売りすると、

「この白の服だけ売ってくれませんか?」

などの質問が入ります。このパターンを狙っていきましょう。

この場合白の服だけを売ってもいいですし、セット売りで強硬してもいいです。私の場合は実績を上げるためには、きちんと対応して白の服だけ売ります。

またまとめ売りするとお買い得感がUpしますが、これらは衣類だけの戦略なので、どちらかというとセット売りのほうがおすすめです。

ここでの戦略はまとめて売ることではなく、あくまで検索にヒットしやすくするための方法です。

一回出品を取り下げる

売れない時は一回出品を取り下げてみましょう。来年に売ってもいいですし、給料前やボーナス前などに再出品してもいいでしょう。

実際再出品したほうが、人の目にはとまりやすいのがメルカリの特徴です。売れる時間帯(夕方から1:00)を目安に再出品してみましょう。

このパターンだけで実際に結構販売した実績もあります。要するに変化を取り入れることが大切なのです。再出品の際には写真を変えるとか、説明文を変えるとか、使用感を書くとか方法は様々です。

売れないものは固執して売っても売れません。時には諦めることも肝心です。

ラクマで売る

ラクマ
後は別のフリマアプリ「ラクマ」に出品してみることです。日本全国の人がメルカリだけを利用しているわけではありませんので、ラクマにも同時出品してみましょう。

販売手数料もメルカリより安いので、その分安く出品出来ます。メルカリでうまく売れなかった場合、説明文をメルカリとは違う文章にしてみましょう。

誇大表示はいけませんが、よくメルカリで売っている人たちの説明文を読んで研究してみましょう。

これによって自分自身の文章力もあがるので、他人の説明文を読むことはとても勉強になります。

ラクマ

まとめ

以上がメルカリで売れない時にできる方法&理由は意外に簡単だった!でした。おさらいをすると

  • 買い手のニーズを知る
  • 商品の情報を多く入れる
  • 出品を一度取り下げる
  • ラクマで売る

です。実績さえ作れば簡単に売れるようになるメルカリです。上記で書いたことを一つ一つ実践していけば、きっと上手に販売ができるようになると思います。頑張っていきましょう。

スポンサーリンク