レバレッジが魅力のXMtradingの特徴

ハイレバレッジで取引できる海外FXは高いレバレッジで日本で人気を博しています。その中でもXMtradingは日本人人気NO1の海外FX口座です。レバレッジ888倍と脅威の倍率ですから、まさに少額取引しかできない投資家におすすめと言えます。

やはり海外FXを利用するには最も重視したいのが安全性です。最近できたばかりの海外FXなどを使うにはどうしても抵抗がありますから、こういった利用者が多いFX会社を利用するようにしていきましょう。

スポンサーリンク

XMtradingの特徴

XM

XMtradingの特徴を簡単に挙げると

XMtradingの主な特徴
レバレッジ最大888倍口座開設3,000円ボーナス
スプレッド変動制MT4あり(MT5も)
ゼロカットシステムあり日本語対応

ゼロカットシステムは急激に値が動いたとき口座のロスカットが追い付かずにマイナスになるときがあります。

その際にXMtradingがマイナス分を補填してくれることをゼロカットシステムといいます。ハイレバレッジで取引をするわけですから、こういった仕組みがあればユーザーが損をしないわけですから、ハイレバ取引をする人には重宝する仕組みと言えます。

入金方法はbitwalletとクレジットカードなので、カードがない人はbitwalletを開設しておきましょう。

入金にかかる時間

bitwalletとクレジットカードでの入金がおもなXMtradingですが、XMに入金する時間はクレジットカードもbitwalletも即時対応です。

ただし銀行口座からbitwalletに入金するには少し時間がかかります。私が利用しているのは楽天銀行なのですが、楽天銀行からbitwalletに入金した場合

平日で30分くらい。土日で早ければ数時間、遅いと月曜の9:00~10:00くらいの間にお金が振り込まれます。

スポンサーリンク

なので週末前になると金曜の午前中にどに口座振り込みをしておくと、月曜の取引もスムーズに可能です。

出金にかかる時間

XMtradingで出金する場合、資産をお金だけで取引した場合、出金もお金になりますが、クレジットカードを利用した場合クレジットカードへ先に出金されます。

ここは結構トラブルのもとなので、この仕組みを知っておきましょう。よくあるパターンが出金したのに反映されていない!など。

クレジットカードと銀行口座から入金した場合は、クレジットカードから優先的に出金される仕組みとなっています。

大体出金にかかる営業日は2~3営業日(土日祝除く)です。から急な出費がある場合などは、この日数を計算して行いましょう。

その他の特徴

通過ペアは多く50種類以上ですが、スプレッドは広めでそれぞれ口座で異なります。

口座の種類は

  1. XMマイクロ口座 手数料はスプレッドのみ
  2. XMスタンダード口座 手数料はスプレッドのみ
  3. XM ZERO(ZERO)口座 スプレッドと1lotで1pips手数料が加算

の3種類かを選ぶことが可能です。レバレッジは最大888倍ですが、資金を多く入金するとレバレッジが200~300倍に引き下げられます。目安は数百万円の入金となるでしょう。

またXMtrading3000円の口座開設(未入金)ボーナスがあるので、10通貨から取引できるXMマイクロ口座を開設しておいて、3,000円なくなるまで使い方や仕組みを覚えるという方法が可能です。

海外FXの取引プラットホームはMT4とMT5がありますが、使いやすさの融通性があるのはMT5で、MT4はやはりシステム的に使いづらいといえます。ただしドル円やユーロ円などのメジャー通貨でしか取引しない人には、MT4も問題なく使えるでしょう。

まとめ

以上がレバレッジが魅力のXMtradingの特徴でした。

上記にも書きましたがハイレバレッジには、少ない資金での取引がおすすめです。ハイレバレッジはハイリスクハイリターンですから、きちんと資産管理ができる人がトレードしていきましょう。

そしてハイレバレッジですが、スプレッドが広いので狭いコストで何度も取引をしたい人は、日本のFX会社を利用するようにしていきましょう。

人気のクロス円のスプレッド比較は、下記記事で紹介されていますから、興味がある人は参考にしてみてください。

2019年FX会社16社クロス円スプレッド比較ランキング | FXメイト
FX会社16社の人気のクロス円からマイナー通貨のクロス円までのスプレッドの比較をしてみました。短期トレーダー必見の情報です