在宅ワークで稼ぐ方法&自宅で出来るおすすめのサービス11選

2019年10月10日

自宅で働くと言うことは主に主婦や定年退職したサラリーマンなどが行う手段の一つですが、ネットでは様々な種類があります。ここでは在宅で可能なおすすめのサービスを紹介していきたいと思います。

在宅ワークは、パートやアルバイトと違う大きなポイントがあります。

  1. 時間に縛られない
  2. 頑張ればいくらでも稼げる

ということです。パートやアルバイトは決まった時間に働きに出て決まった時間給×時間でお給料が決まります。

なのでおのずと毎月の給料が働く前から見えている

「未来予想給料図」という予測が出来てしまいます。

もちろん急に休んだり残業したりすれば収入は前後しますが、それでもある程度月に稼げる収入は予測出来てしまいます。

そして一緒に働いている従業員よりどんなに頑張っても、ちょっとボーナスがもらえたり時給が10円単位で上がるだけの寂しいのが現状です。

スポンサーリンク

在宅ワークで稼ぐ方法

パソコン
しかし在宅ワークは違います。時間も朝でも夜でも深夜でも自分の都合のいい時間で働いて、かつ頑張れば頑張るほど稼げるのです。

その理由は1つの企業で働くのではなく、日本全国の企業の仕事を自分から選ぶことが出来ます。なのでそこでしっかり実績を上げれば、別の企業からより良い(報酬がいい)仕事が依頼されます。

ここがパートやアルバイトで働くより多くのチャンスがあるという点です。

なので在宅ワークで稼ぐ方法は

  • オールラウンダーよりスペシャリストを目指すこと
  • プロフィール欄に情報をより多く入力すること
  • 報酬が高い稼げるサービスを探すのではなく、自分が企業から仕事を依頼される立場になるということです。

企業が探す人材は様々スキルを持った人より、一つのことで誰よりも優れている能力を持った人を探しています。なので様々なことが出来る能力も確かに必要ですが、それはあくまで、契約後の話になります。

要するにデータ入力が飛びぬけて早い人、記事作成のセンスが長けている人、デザインが目を見張るほど上手な人など、一つの能力を磨いていきましょう。

またネットでこれらのサービスを始めた場合、プロフィール欄にでできるだけ多くの情報(経験や資格、特技や実績)を記入すると約7倍もの採用実績がデータでデイルとの事です。

プロフィール欄=履歴書

ですから、ここでしっかり自分をアピールしていきましょう。

もちろん最初は地道に仕事をこなしていくのは誰もが一緒ですし、どうせ特別なスキルがないと難しいのでは?と思う人も多くいると思います。

しかし単純作業のデータ入力でも納期が早かったり、仕事が丁寧だったり企業とのやりとりを一生懸命にしたりすることで、相手先から信頼が得られる事で仕事はおのずと増えていきます。ここでしっかり「個」という自分のスキルを磨いていくことです。

まあこの時点では通常のパート・アルバイトとそこまでそん色はありませんね。

自分のランク(価値)を上げる

しかしこういったサービスを提供している企業の中には、ランクアップという制度があり、ランクが上がると企業がそのランクの高い人に仕事を依頼するようになります。

企業からすれば、同じ仕事を頼むなら他企業が依頼して実績を上げて信頼できる人に頼みたいのは、逆の立場で考えても必然の事だからです。

なので実績を上げて仕事を依頼される立場になれば報酬もあがりますし、下手をしたらヘッドハンティングのお話も舞い込んでくる可能性もあるので、パートやアルバイトよりかは稼げるチャンスが多くあるということです。

話は長くなりましたが、ここからは自宅で稼げる仕事を提供しているサービスを紹介していきたいと思います。

総合型在宅ワーク

総合型とは要するに様々な種類の在宅ワークのお仕事があるということです。年齢も幅広く、主婦でも学生でも定年後のサラリーマンでも仕事が探せます。パソコンで行う仕事も多いのですが、現代社会の象徴であるスマホでもできるお仕事も揃っています。

クラウドワークス

クラウドワークス

上場企業が運営するクラウドソーシングサービスなので、初めての在宅ワークでネットにはまだ怖いイメージがある人や様々な仕事例を見てみたい人にはおすすめです。

報酬も時給や固定給、一つの仕事に対していくらかなど様々な支払い形態があります。報酬を見ながら仕事が選べるので、とにかく1円でも多く稼ぎたい人には参考になります。

支払い方法は企業から一度クラウドワークスを経由して、仕事を完了させた人に払われるので、中小企業で仕事を納めたのに賃金が支払われなかった!などのよくある事例はないということです。

ジャンル

上記はクラウドワーカーができる仕事例の一部です。当然得意分野があればよりよい単価の仕事を選ぶことが可能です。

仕事内容は非常に多くあり、経験を活かしたデザインやイラスト作成、プログラムの仕事や、未経験でもできるお仕事も数多くあります。

単価ももちろん仕事によってバラバラで、覗いてみると報酬金額が掲載されているので安心して仕事を選ぶことができます。

全体的な仕事量も多いのでクラウドワークスを見てみましょう。

ランサーズ

ランサーズ

こちらも国内で最大級の在宅ワークのお仕事が探せる企業です。クラウドワークスでいいお仕事が見つからなかった場合に併用して利用するといいでしょう。

仕事の種類は上記の表の種類がメインとなりますが、ここは自分で仕事を出品できるので、募集にないスキルを持っている人は自分を売り込めるサービスがあるのも特徴的です。

ここクラウドソーシング「ランサーズ」も報酬で仕事が探せるのですが、実際の仕事の相場がどれくらいなのかわからない人には、メニューの仕事ランクで絞るという検索を利用してみましょう。

この検索機能によって適正価格のお仕事や市場より報酬が高いお仕事が探せるので、とにかく在宅ワークで稼ぎたい人は、この仕事ランクで絞る検索方法でお仕事を探してみましょう。

Bizseek

Bizseek
Bizseekも総合型のクラウドソーシングサービスですが、上記で書いた在宅ワークで稼ぐ方法のポイントである実績を積んだ人が、トップページに紹介されています。

こういった目立つ形で紹介されるほど実績を上げることが、在宅ワークで成功する大きな要因となります。

また上記2社よりも比較的簡単な仕事の内容も多く、買い物代行の依頼やドラッグストアなどで買った商品のレビューなど、今日からできそうなお仕事が多く掲載されています。

報酬はプロジェクト方式(自分から報酬を提案)とコンペ方式(最初から報酬が決定)のみ採用されています。

Bizseekはとりあえず簡単なお仕事を始めてみたい人には、おすすめの企業と言えるでしょう。

シュフティ

シュフティ

シュフティも主婦の在宅専門サービスなので、主婦に人気のお仕事が揃っています。

仕事例

上記ジャンルを見てもらえれば分かるように、事務作業からラィティング、デザインやビジネスサポートまで経験者から未経験者まで稼げるサービスが充実しています。

これから仕事を探すというより、この仕事がしたい!という人には探しやすいカテゴリー分けがされているので、目的を持った人はこのシュフティを利用してみましょう。

利用者のインタビューが掲載されているので、実際に自宅で仕事をした人たちの体験談を読んでみるといいでしょう。

ココナラ

ココナラ
今まで紹介してきたのは主に企業が仕事内容を紹介してそれを選ぶという選択肢の仕事ばかりですが、ここで紹介するのは、逆に自分の技術を紹介して購入してもらうサービスもあります。

それがココナラというサービスで、1コイン500円で自分のスキルを販売することが出来ます。

ここは攻める在宅ワークという最近流行している稼ぎ方です。

ステップアップすれば1回10,000円とか30,000円とか高額な金額でスキルを販売できるので、稼ぐコツはやはり実績を積んでからという事になるでしょう。

攻める以上は実績さえより多く積めばどのサービスよりも稼ぐチャンスがあるので、この中のサービスと比較すると可能性は無限大と言えます。

ココナラの中身自体はデザインやイラスト、ハンドメイド商品を売ったり何かしらアドバイスをしたり、上記で紹介したお仕事内容以外の方法でも、様々なサービスを販売することが可能です。

要するにアイデア次第で誰にでもBIGチャンスがあるということです。

もちろん自分から働くことをお願いすることも可能で、リクエストボードから自分にできる仕事を探して、依頼者に声をかけて交渉することも出来ます。

内職やライターの仕事も数多くあるので、得意分野を生かしたい人はココナラがおすすめです。

ただしある程度実績を積まないと依頼は来ないので、まずは簡単な事などから始めてみましょう。

特化型在宅ワーク

ここからは専門職のお仕事ばかりですから、パソコンの様々なスキルがある人や記事作成が得意な人におすすめのサービスです。

特化型とは、得意なスキルを活かせつジャンルに絞っているサービスです。最後のワークシフトは人に特化、すなわち外国人に特化した在宅ワークができるサービスです。

サグーワークス

サグーワークス

サグーワークスは記事作成に特化したサービスです。文章を書くのが好きな人やレビュー、口コミ投稿などに興味がある人が参加してみるといいでしょう。

また記事作成の合間にアンケートを答えることで、ポイントがもらえますから、納期まで時間がある人や記事作成で休憩中にアンケートに答えるなどして、細かくポイントを稼ぐことが可能です。

記事作成と言えば数千文字の長い文章を書かないといけないイメージがあるかもしれませんが、ここは200~500文字で出来るライターのお仕事もありますから、とりあえず腕試しで200~300文字の簡単テキスト作成などを行ってみましょう。

サグーワークスは2018年に月間で70万円稼いだ人いる実績があります。

なので記事作成もセンスだけでここまで稼げるということでしょう。

参考記事

クラウドデザイン

クラウドデザイン

クラウドデザインは建築に特化した在宅ワークなので、未経験者や知識がないと稼ぐのは難しいといえます。資格や経験も一級建築士やインテリアプランナー、グラフィックデザイナーなどのクリエィターが求められています。

仕事の内容もCGパース作成、CADで図面やデザインの作成、建築専門らしくアパートやお店の改修依頼など専門的な仕事がほとんです。

その分報酬が高いので、未経験でも興味がある人は、専門学校にいったり独学で勉強してみるなどやってみる価値はあるといえます。

ただし未経験者へのニーズは無いに等しいので、実務経験をどこかで積んでいる人が稼げるサービスとなります。

報酬の支払いもコンペ方式とプロジェクト方式の仕事となっているので、こういったスキルがある人はクラウドデザインをチェックしてみましょう。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリアは人事や経理経験者が在宅で働けるサービスです。また同ジャンルの求人サービスも同様に応募可能です。

仕事内容は月次監査業務の依頼が多く、年末になると年末調整や確定申告の書類作成などの依頼が急増します。

データチェックやエクセルワードの入力なども頻繁に依頼があるので、事務経験が活かせるサービスです。

財務応援や勘定奉行、JDLなどの会計ソフト使用経験者なども優遇されるでしょう。

ジャスネット在宅スタッフも報酬が掲示されているので、単価を見ながらお仕事を探してみるといいでしょう。

Collet

Collet
Colletは動画制作専門の在宅サービスで、仕事自体はプロジェクトに参加したり、オファーを受けて仕事を選ぶことが可能です。

映像関連の経験者や専門学校に行っていたとか、AfterEffectsやPremiere Proが使えるとかの経験値が必要なので、未経験者には敷居が高いといえます。

しかし時代は動画の時代と突入していますから、知識と経験を得て参加すれば将来的には稼げるチャンスが増える仕事となるでしょう。

Colettのメンバーに参加してみる。

99designs

99designs
99designsは様々なクリエィターがいて、書籍や雑誌、WEBデザイン、ロゴ、衣装や広告などのあらゆるジャンルのデザイナーが登録しているサービスです。

なのでライバルは手ごわく、よほど自信がある人でないとクリエィターとして参加するのは難しいでしょう。

しかし成功すれば世界的に認められる可能性があるので、日本と言う壁を突き抜けたいデザイナーは参加する価値はあるでしょう。

ここ99designsもデザイナーのランクがあるので、最初は地道にランクを上げていきましょう。

ワークシフト

ワークシフト
ワークシフトは外国人専用のクラウドソーシングです。世界中の外国人が日本の企業と仕事がしたいため、ここワークシフトが代理企業となっています。

日本在住で面接になかなか受からない、在宅の仕事に興味がある、いくら探してもなかなか仕事はないと感じている外国人が利用すると良いでしょう。

日本にいる外国人は、日本語も話せるでしょうから母国語の翻訳のお仕事などが適任です。もちろん専門的なスキルもあればこういったワークシフトなどで仕事を探してみるのも良いでしょう。

まとめ

以上が在宅ワークで稼ぐ方法&自宅で出来るおすすめのサービス12選でした。やはり特別なスキルがあるほうが報酬が高いのも現実です。

まだ若い主婦や学生ならば、上記のサービスと報酬をチェックして稼げる資格を取得するのも在宅ワークで稼ぐ一つの手段と言えます。

どちらにしても経験者であっても未経験者であっても最初は実績を積んでいくことが、多くの金額を稼ぐ要因ですから色々なサービスを利用して、企業に求められる人材になりましょう。

やっぱりパートやアルバイトのほうがいいや!という人は下記記事を参考にしてください。

スポンサーリンク