ネットショップで稼ぐ方法&ニーズを掴む戦略とマイナー路線がカギ

ネットショップは副業を超えたビジネスとなる販売方法です。フリマアプリやオークションなどで成功した人がステップアップするためのツールと言えます。

上手な人は無料版ネットショップを立ち上げてフリマアプリと連動して、ネットショップで自分の商品を売っていますが、どうやってネットショップを開業して稼ぐことが出来るでしょうか。ここではその方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ネットショップで稼ぐ方法

お店
ネットショップには成功する方法は4つほどパターンがあります。

  • 珍しい商品を売る
  • お店の名前を売る(有名にする)
  • 高回転商品を売る
  • ショッピングモールに出店する

という形になります。ショッピングモールに出店する場合は最終目標であり最終手段でもあります。となるとそこまでの過程がポイントとなってきます。

また、ネットショップに訪れてくれる人のニーズが何かを掴む必要もしっかり学ぶ必要があるのです。

ネットで検索するニーズ

楽天やAMAZONなどのショッピングモールが幅を利かせる中、個人がネットショップで稼ぐにはこれらにないニーズを提供しないといけません。

例えば激安テレビのネットショップを立ち上げたいと考えたとき、

自分で「激安テレビ」と検索してみましょう。

すると出てくる順番は楽天やAMAZON、ビックカメラ.comや価格.comなど、大手のショッピングモールが上位を占めています。

仮にあなたがテレビを全部1円で売ってもこれらには敵いません。

どうせ1円テレビの販売も長く続けられませんからね。なのでこういったメジャーなニーズの商品をネットショップで頑張っても無理なのです。

ところが激安コーヒーメーカーと検索してみましょう。すると大手も出てきますが、激安TVとは少しだけ違う検索結果が出てきます。

こういう少し外れた路線を攻めると個人のネットショップでもまだまだ入る余地があるのです。

例えば海外輸入コーヒーメーカーと検索してみましょう。すると大手ショッピングモールはほとんど消えました。AMAZONと楽天だけですね。これなら個人のネットショップにも大きなチャンスがあります。

要するにニーズを掴んでネットショップで成功するには、

少しマイナーな商品を売っていくということです。

ここを把握しないとネットショップは失敗します。

要するにネットショップで稼ぐ方法は集客が最も重要なポイントになります。

その難しいポイントを賄うのは、やはり大手ショッピングモールに出店する方法が一番簡単な手段となるのです。

その前段階で出来ることは無いのでしょうか。となると次は戦略が必要となってきます。その一例をあげてみましょう。

珍しい商品を売る

ネットショップで稼ぐには、やはり路線から外れた少し珍しいものを売っていくしかありません。そしてなるべく専門色を出していきましょう。

例を挙げると

  1. 地域限定~専門店
  2. 海外輸入~店
  3. ~の手作り専門店

などこういうお店からスタートするほうが成功する確率は上がります。

例えば海外のベビーブランドショップを立ち上げ見てもライバルも多いので、うまくいかないでしょう。

しかし中国ブランドのベビー専門店ではどうでしょうか。中国は人口10億をこえる世界経済2位の大国です。のちに中国ブランドが大ヒットするのを見越して立ち上げておけば、大成功する確率があがります。

まあこれは将来投資になるので、すぐ稼ぐには難しいのですがこういった時代を先取りするお店を立ち上げても面白いでしょう。

また大きいサイズの服の専門店などはぼちぼち見かけますが、小柄な女性や男性などの服の専門店はあまり見かけません。小さいサイズの服を作ってもあまり売れないからです。

実際小柄な女性や男性は、子供服でサイズを探しているのも現状なのです。ニーズは少なくても全国的に見れば、小柄な男性や女性は多くいます。

これがビジネスチャンスなのです。

要するにどこに着目するのか、どんなジャンルを売るのか、ブームになりそうな商品を売るのか、こういった思考がネットショップで稼ぐには必要となるでしょう。

高回転商品を売る

上記に挙げた内容は、あくまで

センスと発想と運と時代に左右されます。

なので普通は競合が少ない高回転商品を販売していきましょう。

高回転商品は日常生活にまつわるものですから、あげたらきりがないので書きませんが、仕入れ先を探してお店を作っていきます。そしてある程度ノウハウが分かったら、ショッピングモールに出店します。

そしてライバルよりも価格が安いか、送料無料、ラッピング無料、~をプレゼントなど付加価値を付けていくのです。

これによって価格でないニーズを持った購入者が増えていくでしょうから、より仕入れ商品を増やして顧客のニーズを満たしていくのです。【卸の達人】などはネットショップ専用の仕入先なので、興味がある人は仕入れ値などをチェックしてみましょう。

まあ高回転商品は、価格が一番のニーズなので個人で行うには苦戦が必至ですから、なるべく上記で紹介した少しマイナーな商品のお店を立ち上げたほうが良いでしょう。

お店の名前を売る

ネットショップ運営が始まったら、次はお店の名前を売ることです。

名前の売り方は

  • CM放送をする
  • ネットで宣伝する
  • 名刺を配る
  • 動画を投稿する
  • SNSを開設して情報を発信し続ける

など昔と比べると様々な方法が存在します。上から順にお金がかかるものばかりですから、下から順に実践していきましょう。

仮にテレビや新聞、雑誌などに取り上げられたら一気にネットショップの訪問者が増えてきます。これを維持するためにはやはり品揃えやお店の魅力を常時掲載し続けることです。

お店の名前も売れたときに覚えやすいネーミングで付けておくほうがいいでしょう。

「Anbisiouse toruto shop」 長くて覚えにくい・・・
「DRIP」 短くて覚えやすい!!

ですよね。

お金を払ってネットで宣伝する方法は、Yahoo!プロモーション広告グーグル広告などがあります。ある特定の商品を検索した場合、検索結果の上に表示される

「広告」というやつです。

あそこに自分のお店や販売商品、キーワードを掲載してユーザーにクリックされるだけで費用が発生したり、何かしらアクションがあった場合に費用が発生します。

これらはかなりの訪問者が見込めますので、予算がしっかりある場合は金額を決めて宣伝してみましょう。

またメルカリなどのフリマアプリなども同時に始めて、IDなどはお店の名前にしておくことです。直接宣伝することは禁止されていますから、単純に名前をお店の名前にしておくだけです。

特定の商品をフリマアプリで売り続けると、自然とお店の名前が認知され検索する人も現れてくるでしょう。

無料で始められるネットショップ

とりあえずここまで読んでネットショップを始めたい人は、下記が無料で始められます。

売れた場合などに決済手数料などの費用が発生するので、それまでにネットショップの仕組みやお店の構築、決済方法などを学んでおきましょう。

BASEは、メルアドとパスワード、URLだけで始められます。初期費用や月額費用0円で、商品が売れたときにはじめて手数料が発生するので、気楽に始められます。
STORES.jpも無料プランと有料プランがあり、無料プランは売れたときに手数料が発生します。
ショップサーブは、無料で資料請求が可能です。情報収集には最適ですが運営にはお金がかかります。

とりあえずは情報収集をして、自分のお店を決める。そしてネットショップを構築してみましょう。軌道に乗れば月商100万円1,000万円は夢ではありません。大手ショッピングモールでも月商数千万円稼いでいるお店が数多く存在します。

まとめ

以上がネットショップで稼ぐ方法&ニーズを掴む戦略とマイナー路線がカギでした。おさらいをすると

  • なるべくマイナーな商品を売る
  • 顧客の少ないニーズを掴む
  • 大手ショッピングモールに出店する

です。これらを念頭に戦略を練ってネットショップを立ち上げて、本格的なビジネスを始めてみましょう。バームクーヘンのマダムシンコや青汁王子など、ネットショップで大成功した人は数多く存在します。

その一人になれるよう頑張ってみてください。